【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0407

魅惑のセブンの世界・・・ その27  


毎度おなじみ、「魅惑のセブンの世界」のコーナーです!




今回は、ウルトラ警備隊ソガ隊員の後輩が主役のこの作品!



ウルトラセブン第27話「サイボーグ作戦」

seven_no27_01.jpg

<制作データ>
放映日:1968年(昭和43年)4月7日
制作第27話
脚本:藤川桂介
監督:鈴木俊継
特殊技術:的場徹



<あらすじ>

夜半、赤い火球がアサヒ沼に落ちた。
seven_no27_02.jpg

そのアサヒ沼へ、防衛隊員のノガワは、婚約者のサナエとドライブ。
seven_no27_03.jpg
この後、先輩であるソガの元へ、婚約披露の挨拶に行くという。

林道を走るノガワの愛車。しかし、突然、後ろに進みだす。。。

沼の中から浮かび上がる謎の宇宙船。その中に、クルマごと収容されるノガワとサナエ。


”♪俺たちゃ町には住めないからに~”と呑気に唄いながらハイカーたちに倒れているところを発見されるサナエ。
seven_no27_05.jpg
←こういう人たちは、完全に絶滅しましたね(笑)


作戦室にアサヒ沼付近で女が倒れているという電話が。
連絡を受け、アサヒ沼にやって来たポインター。
←それは警察、もしくは消防の仕事じゃないのか?


「おい、しっかりしろ!」(ソガ)
「…ノガワさん…」(サナエ)
「ノガワ…だって?」(ソガ)

seven_no27_06.jpg
「隊員のノガワかもしれない…」(ソガ)
「ソガ隊員、この人は僕が基地に連れて行きます。ノガワ隊員を捜してください」(ダン)


捜索を始めるソガ、間もなく地面の油染みを見つける。
(オイルの漏れた跡だ…まさかこの沼へ…)(ソガ)


「ノガワ隊員の捜索は、何の手がかりも発見できないまま打ち切られたが、その後、アサヒ沼を含めた第33地区をはじめ、その他の地区にも何ら変わった事件は起こらなかった」(浦野光)



その頃、宇宙船内では、黒い女と銀色の女がノガワを拘束台にのせていた。
seven_no27_07.jpg
「お前はボーグ星人によって選ばれた人間なのだ。わかるだろうね。お前は地球防衛軍の一員である資格をフルに使って、我々のために働いてもらわねばならない」(銀色女)
銀色女はボーグ星人だった。ノガワはサイボーグにされてしまったのだ。


行方不明のノガワの事を思い、悲しみに暮れるサナエ。そこへノガワが突然やってきた。
seven_no27_09.jpg
秘密を要する仕事ができたので、しばらく会えないことを告げるノガワ。


基地に戻ったノガワ。
「ノガワ!貴様、心配かけやがって、どこほっつき歩いてたんだ…」(ソガ)
seven_no27_10.jpg
「婚約者を放りぱなしで何をしてるんだ、防衛隊員の風上にも置けない奴だな…」(ソガ)
「まあまあ、待て…。とにかく無事に帰ってきたんだ。ノガワ君、今日はゆっくり休みたまえ」(キリヤマ)


不審に思うダン。ノガワの後を追う。


あとをつけたダンは、倒れている防衛隊員を数人発見する。
非常ベルを押し、廊下に警備隊を集結させる。
「隊長、ノガワ隊員を探してください。様子がおかしいんです」(ダン)


なにやら爆弾らしきものを仕掛けるノガワ。
seven_no27_12.jpg
ノガワを発見し、副調整室のようなところから行動を見守る隊長たち。
「何か、仕掛けているようです」(フルハシ)
「隊長、僕が見てきます」(ダン)


ノガワの前に立ちはだかるダン。
「ヌフッフッ…騒ぐのは止めたまえ。午前6時、この基地が、勤務交代の隊員でいっぱいになるときが、地球防衛基地の最期なのだ。地球はあと数時間で、我々ボーグ星人のものになるのだ!」(ノガワ)
「なに!」(ダン)


思わず、殴りかかるダン。しかし、逆にノガワに、タコ殴りにされ気絶するダン。
「…仕方がない。ソガ、ショック・ガンでノガワを!」(キリヤマ)
seven_no27_15.jpg
ソガのショック・ガンが、ノガワを気絶させる。

「これを見ろ。小さいが強力な爆弾だ…」(キリヤマ)
「フルハシ、ソガを中心に、基地内にセットされたプレート弾の探索が行われた」(浦野光)




メディカルセンター。全身レントゲン写真を見ているキリヤマ隊長とキタムラ博士。
seven_no27_18.jpg
「ノガワ隊員は完全ではありませんが、サイボーグになっています。それから彼を操っていたのは、脳の中に仕掛けられた催眠プレートですねぇ…」(キタムラ博士)
「ノガワ隊員は、もう元の人間には帰れないのでしょうか…」(アンヌ)
「いやぁ、なんとかなるでしょう…。アンヌ隊員、手術の用意を…」(キタムラ博士)

←なんとかなるって・・・医者とは思えないセリフだ(笑)


うなされるノガワ。
「…ウウウ、…ア、アサヒ…アサヒ…」(ノガワ)
「アサヒ…、アサヒ沼か…!」(キリヤマ)
「隊長!」(アンヌ)

ホーク1号で出撃する隊長とアンヌ。←なぜ??


アサヒ沼上空。
「アンヌ、熱ミサイル発射準備」(キリヤマ)
アサヒ沼は一瞬にして干上がり、宇宙船の姿が露呈した。
seven_no27_19.jpg
「マグネチック・セブン投下」(キリヤマ) 
降下して磁力で密着するマグネチック・セブン。
seven_no27_21.jpg
←セブンというが、5個しかない…。
「爆破!」(キリヤマ)
吹き飛ぶボーグ星人の宇宙船。


メディカルセンターでは爆弾探し。あと一つが見つからない。
「ちくしょう…。あと10分しかない」(ソガ)
「あと一個はどこにいったんだ…」(フルハシ)

seven_no27_17.jpg
←ここだよ~ん(ダンの足ね)

そこに突然、姿を現わす銀色女。 ←どうやって入ってきたんだ?
閃光を放ち、フルハシたちを気絶させて、ノガワの脇に。
seven_no27_23.jpg
「残された一個の爆弾でも基地は爆破できる。しかし、お前は裏切った」(銀色女)

ノガワを殺そうとする銀色女。間一髪、ダンが助ける。
seven_no27_24.jpg


ボーグ星人の姿になって逃げる銀色女。ダンも変身して追いかける。


seven_no27_27.jpg
※ここの等身大セブンは、屋外ロケで撮られています。おそらくは予算の都合だったのでしょう(笑)。

「プレート弾の残りは、どこにあるのだ?」(セブン)
「フッフッフ…、残りの一つは、お前に付けてあったのだ…」(ボーグ星人)
←どうして教える…?
セブンは当然、爆弾をはずして放り投げる。

視聴率稼ぎの肉弾戦が始まる(笑)。
結局、決まり手はアイ・スラッガーで首落とし。
seven_no27_28.jpg




戦いは終わった。。。


「事件が解決して数週間後のことであった。全快したノガワ隊員とサナエにとって、大きな喜びが待っていた」(浦野光)

ノガワとサナエの結婚式が行われたのだ。
seven_no27_29.jpg


空き缶を後につけた車に乗り込む新郎新婦。走り去る車…
seven_no27_30.jpg
←これも昭和の光景。今ではやらないですね~(笑)。





<今週の宇宙人>
・甲冑星人:ボーグ星人

seven_no27_26.jpg
・身長:2m~40m
・体重:180㎏~2万6千t
・出身:甲冑星?ボーグ星?
・特徴:無骨な甲冑スタイルなのに女系宇宙人らしい。正直すぎて自滅(笑)

<ロケ地>
・相模湖(アサヒ沼の実写シーン)
・TBSラジオスタジオorキヌタ・ラボラトリ? (ノガワがプレート弾を仕掛ける)
・東宝美術センター(戦闘屋外シーン)
・瀬田教会(ラストシーン)

<ゲスト出演者>
・ノガワ隊員:広瀬明さん
seven_no27_32.jpg

・ノガワ隊員の婚約者サナエ:宮内恵子さん
seven_no27_31.jpg
東宝養成所第6期生でアンヌと同期生。後に、牧れいと改名して、アンヌの「プレイガール」と似たような番組「ミラクルガール」に出演したそうです。

<撮影秘話>
・ノガワとサナエの結婚式のシーンに何故かアンヌとアマギの姿がありません。実は北海道の小樽に営業に行っていたとのこと。しかも隊員服に身を包んで雪祭りのパレードに参加したそうです(笑)。





以上、「魅惑のセブンの世界 その27」でした!




次回もお楽しみに!






スポンサーサイト

Posted on 2017/04/07 Fri. 19:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ワールドロックナウ_2017年4月7日【ON AIR LIST】  |  Kenrocks Nite - Ver. 2_2017年4月6日【ON AIR LIST】 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/981-dea3c00a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top