【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0201

「包丁人味平」  


久々の、サブカル講談【マンガ】編です。



先日、マツコ・デラックスの番組見てたら、「マンガ飯の世界」という企画をやっていた。

マンガに出てくる料理をマンガ本を片手に作るという主婦の方が、マンガ飯を再現するという内容だった。


いわゆる「グルメマンガ」といえば、「美味しんぼ」「クッキングパパ」、最近では「深夜食堂」などが有名だが、その中で「グルメマンガ」の草分けとして紹介されたのがコチラのマンガ!


「包丁人味平」



原作:牛次郎、漫画:ビッグ錠、1973年から1977年にかけて「週刊少年ジャンプ(集英社)」に連載された。


そして、紹介された料理が「ブラックカレー」

ajihei_curry.jpg

私にとってマンガ飯といえばすぐに思い出されるのがまさにコレ!

blackcurry_01.jpg

自称「カレー将軍」こと鼻田香作が、主人公、味平の「味平カレー」に対抗するために作り上げた自信作。


マンガにはレシピは一切載っていない(当たり前だ・・・理由は後述)ので、マンガにでてくるセリフや色合い(といっても黒だけなんだが)などから推測して、似たようなカレーを番組では作っていた。

でも、不味かったらしい(笑)。




実は「ブラックカレー」は麻薬同然のスパイスが多量に含まれている(という設定)
なので魔法にかかったみたいに、また食べたくなり、ついには毎日食べないと気が済まなくなる・・・と食べた人が麻薬常習者のようになってしまうという恐ろしいカレーだ。
blackcurry_02.jpg


結局、鼻田香作は、自身も長年のスパイス研究による蓄積と、「ブラックカレー」の副作用により精神に変調をきたし、誇大妄想じみた発言をする麻薬中毒廃人に成り下がってしまった。
blackcurry_03.jpg

「ブラックカレー」も警察により成分分析された挙句販売中止となってしまった。


・・・でも、子供ながらに、”一度でいいから食べてみたいな・・・「ブラックカレー」”・・・と思ってました(笑)。




「包丁人味平」ではそれ以外にも「ラーメン対決」とか「荒磯勝負」とかいくつかエピソードがある。

今のグルメマンガはレシピやどんな味なのかちゃんと表現されているが、「包丁人味平」は料理による対決がメインなのが特徴だったね。



・・・しかし、「カレー」とか「ラーメン」とか書いてると、つい食べたくなっちゃうね。。。(笑)。今夜はカレーかな??



スポンサーサイト

Posted on 2017/02/01 Wed. 18:59 [edit]

CM: 0
TB: 0

« Best Hit USA_2017年2月2日【ON AIR LIST】  |  【特選アルバムライブラリ】Badfinger「The Very Best of Badfinger」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/899-c5d4cfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top