【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

1203

魅惑のセブンの世界・・・ その10  


毎度おなじみ、「魅惑のセブンの世界」のコーナーです!





今回は、第7話「宇宙囚人303」とのカップリング作品であるが、制作ナンバーはこちらの方が先なので、鈴木俊継監督のセブン初作ということになるこの作品!




ウルトラセブン第10話「怪しい隣人」

seven_no10_01.jpg

<制作データ>
放映日:1967年(昭和42年)12月3日
制作第7話
脚本:若槻文三
監督:鈴木俊継
特殊技術:的場徹


<ストーリー>

アキラ少年のモノローグ。
seven_no10_02.jpg
(あの男、何をしているんだろう?…あそこに座ってまま、もう24時間になる。いつ食事をするんだろう?…僕が眠っている間に眠り、食事をしたんだろうか…いや、僕は何度も目が覚めた。あの男はずっと座ったきりだ…何をしているんだろう?…何か作っているぞ、何を作っているんだ?)
←少年探偵団シリーズのようなミステリータッチのオープニング。

今回の主人公、アキラ少年は、自動車事故で足を怪我して別荘で療養中。
退屈しのぎに双眼鏡で覗き見た隣家に怪しい男を発見、以来、アキラは怪しい隣人の監視をし続けているのだ。

その時、アンヌが見舞いに訪れた。
「こんにちわ」(アンヌ)
アンヌは、アキラの姉リツコと最近知り合ったのだった。
seven_no10_03.jpg
「でも、アンヌさん。防衛基地にお勤めだなんてびっくりだわ…」(リツコ)

アンヌとリツコはおしゃべりに夢中(笑)。再び、隣家の覗きを続けるアキラ。
すると、男の頭部がピカッピカッと、光を放つではないか!?
「姉さん、やっぱりおかしいよ」(アキラ)
怪しい光に映し出される男の横顔。


メディカルセンターでダンとアンヌ。
「その子きっと、ノイローゼだよ。ひょっとしたら、車にはねられたときのショックが、原因かもしれない」(ダン)←医者でもないお前が言うな(笑)
「そうねぇ…。ねえ、ダン、一緒に行かない?…あの子、ダンの顔を見れば、きっと元気を出すと思うわ」(アンヌ)←何故?その根拠は(笑)
「うん行こう。隣の人というのは、どんな人なんだい?」(ダン)
「男の人よ。2ヶ月ほど前に、隣の別荘を買って越してきたんですって、リツコさんも詳しいことは知らないのよ」(アンヌ)
「2ヶ月ほど前…」(ダン)

何か異変の予感を感じるダン。

司令部でも2ヶ月ほど前、別荘のあるこの地点で、怪しい怪電波をキャッチしていたのだ。



再び別荘地のリツコとアキラ少年。

奇妙な音がする…。
「はっ……と、鳥が…」(リツコ)
空中に鳥が静止している・
seven_no10_04.jpg
「死んでいるよ。鳥が!」(アキラ)
「防衛基地に電話してくるわ…」(リツコ)

玄関横の電話から受話器を取る、そのとき扉が開く。

二本指で敬礼するアンヌ、後ろにはダンの姿。
seven_no10_05.jpg
「こんにちは」(アンヌ)
…ホッとするリツコ。


透視能力で止まった鳥を見つめ、異変を察知するダン。
「たいへんだ!ここを離れたほうがいい」(ダン)←何が大変なんだ…?

そして、本部と交信。
「キリヤマ隊長、キリヤマ隊長」(ダン)
「どうしたんだ、ダン?」(キリヤマ)
「ここで、何かたいへんなことが起こっています!はっきりしたことはわかりませんが…」(ダン)
「よし、調べてみろ!」(キリヤマ)
←何がなんだかわからない会話(笑)。


と思ったら、次の瞬間!
「タァー」(ダン)
seven_no10_06.jpg
いきなり、2階の窓から地面へダイブするダン!←何故?気でも狂ったか?(笑)
「ダン!」(アンヌ)慌てるアンヌ。
ダンの身体は、何かに吸い込まれるように消えていく…。
「キリヤマ隊長、キリヤマ隊長、ダンが大変です!」(アンヌ)←そりゃあ大変だろう・・・



不可思議な空間にやってきたダン。
seven_no10_07.jpg
←黄色い風船、らせん状の物体、歪んだ画面で、「昭和的な四次元空間」を表現してます(笑)。

そこに不思議な機械とともに、怪しい男が現れる。
seven_no10_08.jpg


「来たな、バカな奴だ」(男)
「誰だ!何をしているんだ。それは何だ?」(ダン)
「おまえは誰だ!返事をしろ!」(ダン)
「第17惑星から来た、イカルス星人だ」(男)

seven_no10_09.jpg
怪しい隣人は宇宙人だったのだ!
しかも四次元の世界から地球侵略を企んでいる。

「ここは四次元の世界だ。お前たちのいた三次元の世界を飛び越えた、未知の世界だ。我々の科学は、四次元の世界と三次元の世界とを連結する、コントロールマシンをつくったんだ…」(男)
「なにぃ」(ダン)
「住むには苦しい世界だ。戦うにはこれほど安全な基地はあるまい。お前はどうやら特別の能力を持った男らしいな…。だが、この四次元からは二度と脱出は出来ない」(男)



ウルトラ・アイを手にするダン。
「デュッワ!」(ダン)・・・・しかし変身しない…。 
seven_no10_10.jpg

(ダメだ。ここではダメなんだ。そうだ、カプセル怪獣だ…)(ダン)
しかし、怪獣は出ない…。
「無駄だ…。ここでは何も起こらない。次元の違う世界だと言っただろう…」(男)

四次元空間に閉じ込められるダン。
seven_no10_11.jpg



一方その頃、突如、工業地帯に円盤が現れた。
seven_no10_12.jpg
怪光線で次々に火を噴く石油タンク、あっという間に一面は火の海に…。

ホーク1号、緊急発進!
seven_no10_13.jpg
「その後の状況は?」(マナベ参謀)
「現在、8か所で火災が発生中です」(キリヤマ)
「飛行物体の正体は突き止めたのか?」(マナベ参謀)
「はあ、怪光線で市街地を攻撃した飛行物体は消滅しました」(キリヤマ)
「緊急情報、緊急情報。東京湾南方280キロの海域で、大型タンカー、ホウシン丸12万トンが爆発」(勝部隊員の声)
「チクショー、今度は東京湾の南方に現われたか…」(キリヤマ)

神出鬼没な四次元攻撃。



再び別荘にて

四次元空間のダン。次元は違うが、別荘とは同じ場所らしい。
何か、気配を感じたアンヌ。
「誰…?、誰なの?…」(アンヌ)
「アンヌ、僕だ!」(ダン)

seven_no10_14.jpg
三次元空間にいるアンヌとは、声のみが通じる。

「ダン、大丈夫?」(アンヌ)
「…ダメだよ。だんだん体の自由が利かなくなってきたよ」(ダン)
「ダン、しっかりして!」(アンヌ)
「そうだ!ひょっとすると、侵略してきたイカルス星人の息の根を止める方法があるかもしれない」(ダン)
「何なの?」(アンヌ)
「この四次元の世界をコントロールする機械があるんだ。使い方はわからない。しかし、あのコントロールマシンが、地球と四次元の世界を結び付けていることは確かだ。…そうだ、あれを破壊すればきっと!…」(ダン)
「ダメよダン!…そんなことをすれば、その世界から二度と、脱出できなくなるかもしれないのよ」(アンヌ)
「しかし、しかし…」(ダン)
「ダメよ!ダン」(アンヌ)
「やるよ…。やるよ、ぼく」(ダン)
←たまに出る、子供口調のダン(笑)。
意を決したダンはコントロールマシンを破壊する。
seven_no10_15.jpg
火花を散らして白煙をあげるコントロールマシン。
そして煙が晴れると、そこは元の世界に戻っていた。
ダンの前には人間の姿をしたイカルス星人が立っている。
seven_no10_16.jpg
「私はお前をみくびっていたようだ…。お前は誰だ?」(男)←何をいまさら・・・(笑)

男は突如正体を現わしてイカルス星人の姿となる。
seven_no10_17.jpg

ダンもセブンに変身して迎え撃つ。セブンVSイカルス星人の戦いだ!
seven_no10_18.jpg

全身からアロー光線を発射するイカルス星人。
seven_no10_19.jpg

アロー光線が命中した地面は焼けただれていた。光線にはかなりの威力がありそうだ。
seven_no10_20.jpg

セブンはアイスラッガーを放つが、これを跳ね返すイカルス星人。
seven_no10_21.jpg
しかし、ダメージは十分に与えたようである。

念動力(?)でイカルス星人を谷底へ落とすセブン。
seven_no10_22.jpg

上空から様子をうかがうセブン。どうやらやっつけたようである。
seven_no10_23.jpg
残るは円盤だ!


四次元空間から無事脱出したダン。
seven_no10_24.jpg
コントロールマシンを破壊した。もうあの円盤は四次元の世界に戻れないことを告げる。

ホーク1号、2号で円盤を追跡。
seven_no10_25.jpg

そして爆破!
seven_no10_26.jpg


戦いは終わった・・・・




ラストシーン。

「もしアキラ君が怪しい隣人に気が付かなかったら、どうなっていたと思う?…アキラ君の功績大だわ!」(アンヌ)
「だからこうやって、たくさんのプレゼントを持っていくんじゃないか…」(ダン) 

seven_no10_27.jpg

「さあ、行こう」(ダン)
seven_no10_28.jpg

城ケ島大橋を渡るポインター・・・
seven_no10_29.jpg


エンディング・ナレーション
「皆さん、あなたの隣の家には怪しい人はいませんか?地球は狙われています。もし怪しい人に気が付いたら地球防衛軍基地までお電話を下さい。ひょっとするとあなたの隣人は惑星から来た宇宙人かも知れないのです。」(浦野光)




<今週の宇宙人>
・異次元宇宙人:イカルス星人

<ロケ地>
・シャンデリアのある別荘( ?)
・城ヶ島(城ヶ島大橋)

<ゲスト出演者>
・隣家の怪しい男:山本廉さん
山本さんは、第25話「零下140度の対決」にも、地球防衛軍極東基地動力班:ムカイ班長役で出演しています。




<撮影秘話:その1>
ロケ地となったシャンデリアのある別荘で、アンヌに悲劇があったそうです。

陣中見舞いのミカンをロケ現場に持ち込んだアンヌ。気前良くスタッフに配ります。
”アンヌ、こっちにも!”と照明さんが叫びました。”ハーイ!”と照明さんに向かってミカンを放ったアンヌ。

しかし・・・手元が狂い、ミカンがシャンデリアを直撃!シャンデリアを見事に打ち砕いてしまったそうです。
制作サイドからは大目玉。『弁償しろ!』と怒られて、当時のお金で3~4万円を支払うハメになったそうです。


<撮影秘話:その2>
この回ではアンヌが大分出演していますが、前話「アンドロイド0指令」で、アンヌはほとんど写ってません。セリフもなかったそうです。

なんでもアンヌ役のひし美ゆり子は、当時はかなりのヘビースモーカーかつ大酒のみであったため、喉を酷使し、翌日のアフレコに影響したことが多々あったそうです。

満田監督が注意しても言うことを聞いてくれない。
”冷却期間を置くしかない”と考えた監督は、何と、アンヌの出番を極端に減らしてしまったそうです。

もっとも当のアンヌは、”セリフが少なくて楽だわ…”とほっとしていたそうです・・・(笑)。





・・・という訳で、またまた長くなりましたが「魅惑のセブンの世界 その10」でした!



次回もお楽しみに!







スポンサーサイト

Posted on 2016/12/03 Sat. 19:00 [edit]

CM: 2
TB: 0

« やさしい夜遊び_2016年12月3日【ON AIR LIST】  |  ウィークエンドサンシャイン_2016年12月3日【ON AIR LIST】 »

コメント

イカルス星人(^^) アンヌ

魅惑のセブンでウルトラセブン全49話を全て揃えてくれたんですね(*^▽^*) 本当は生誕50年となる今年からやるはずだったんだ(笑) コメントしていないお話もたくさんあるのでこのお話から(^^) セブンことダンを知らない初の侵略者,イカルス星人(・・) 演じる山本廉さんはゴジラの唯一の生存者役で円谷作品にデビューした役者さん(^^) 他にはウルトラQ 1話の作業員,ウルトラマン 11話の鬼田があります(^o^) そしてウルトラセブン25話のムカイ班長 きっとイカルス星人が転生したんです(笑) アンヌは9話は少しだけそして11話と13話は全く出ていません 後この年に出演したエピソードはウルトラヒロイン共演の12話だけ(>_<) 干されたウルトラヒロイン(笑)でもヒロインならセブン全話に出演してほしかった 次は1話を更に詳しくでしょうか 待ってます(*^▽^*)

masa #- | URL | 2017/09/11 08:26 * edit *

Re: イカルス星人(^^) アンヌ

masa さん、コメントありがとうございます。

来月10月から再放送(再掲載?)します。最初の頃の記事は、省略した回も多いので、色々補足したいと思ってます。
また宜しくお願いします!


> 魅惑のセブンでウルトラセブン全49話を全て揃えてくれたんですね(*^▽^*) 本当は生誕50年となる今年からやるはずだったんだ(笑) コメントしていないお話もたくさんあるのでこのお話から(^^) セブンことダンを知らない初の侵略者,イカルス星人(・・) 演じる山本廉さんはゴジラの唯一の生存者役で円谷作品にデビューした役者さん(^^) 他にはウルトラQ 1話の作業員,ウルトラマン 11話の鬼田があります(^o^) そしてウルトラセブン25話のムカイ班長 きっとイカルス星人が転生したんです(笑) アンヌは9話は少しだけそして11話と13話は全く出ていません 後この年に出演したエピソードはウルトラヒロイン共演の12話だけ(>_<) 干されたウルトラヒロイン(笑)でもヒロインならセブン全話に出演してほしかった 次は1話を更に詳しくでしょうか 待ってます(*^▽^*)

tera045 #- | URL | 2017/09/11 15:37 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/762-7eb92881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top