【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

1109

【今日の一曲】「恋の山手線」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです




以前、この記事【今日の一曲】「自動車ショー歌」 で紹介しましたが、またまた小林旭大先生の交通系の替え歌!



「恋の山手線」 by 小林旭

<恋の山手線/小林旭>
https://youtu.be/U8Jz7wVTyJw

※なぜかYoutubeの仕様変更で、サムネール画像での投稿ができなくなったので、リンク先だけ掲載します。。。




先日の山下達郎のラジオでオンエアされていました。

歌詞に「山手線」の駅名を(無理やりww)盛り込んだ珍盤。

歌詞はこんな感じ。。。

yamanotesen_map.jpg

「上野」オフィスのかわいい娘 
声は「鴬谷」渡り
「日暮里」笑ったあのえくぼ 
「田端」ないなぁ好きだなぁ
「駒込」したことぬきにして 
グッと「巣鴨」がイカすなぁ

始め「大塚」びっくりに 
デート誘いに「池袋」
ところが男が「目白」押し 
そこをなんとか連れ出して
「高田のバー」で酔ったとき 
胸の「新宿」うちあけた

ああ ああ恋の山手線

「代々木」泣くのはおよしなさい 
「原宿」ならば食べなさい
「渋谷」顔などいやですわ 
顔は「恵比寿」にかぎります
「目黒」のさしみか天ぷらで 
あたし「五反田」いただくわ

今日はあなたの月給日 
まず「大崎」は買い物よ
どの「品川」がいいかしら 
「田町」が宙に浮くようよ
無理な「新橋」かけないわ 
うんと「有楽町」だいな

ああ ああ恋の山手線

素っ「東京」なことばかり 
何だ「神田」のむだづかい
僕はいささか「秋葉原」 
「御徒」な恋だといわれても
山手花咲く日も近い 
青くホームに灯がゆれる

ああ ああ恋の山手線




・・・なかなかキビシイものがあるが、なんでもこの曲は、四代目柳亭痴楽の新作落語「恋の山手線」が元ネタなんだとか。


しかし、上の歌詞を見ると気づくと思うが、「西日暮里」「新大久保」「浜松町」がないのだ。


「西日暮里」に関しては、この曲が発売された1964年にはまだ開業していなかった(西日暮里駅開業は1971年)ので、入っていないのは分かるが、「新大久保」「浜松町」は何故?



ちなみに、元ネタの落語「恋の山手線」には、ちゃんと「新大久保」「浜松町」が入っている。

この落語も西日暮里駅開業前に作られたのだが、開業後にちゃんと「西日暮里」が入ったバージョンに作り変えたらしい。





ちなみに、「山手線」は現在は「やまのてせん」と読むが、終戦後から1971年まで「やまてせん」と呼ばれていた。※この曲が発売されたのは1964年だから、「やまてせん」なんだね。


元々「やまのてせん」と呼ばれていたのだが、終戦直後、米軍による鉄道施設や道路標識などにローマ字併記が進められた際に、国鉄部内での通称だった「ヤマテ」につられて「YAMATE=Loop=Line」とローマ字を振ったことがきっかけとなり、「やまてせん」という読み方が一般に定着してしまったそうだ。


それが「やまのてせん」に戻ったのは、1970年から始まったディスカバー・ジャパンキャンペーンで、駅名や路線名を分かりやすいようにしようとする動きが起こったことと、群馬県内の吾妻線(あがつません)を「あづません」と読まれないようにするため、全路線の線路名称にふりがなを付けることになったことがきっかけ。

「やまてせん」ではなく「やまのてせん」を選択し復活させた理由は、線名の由来・発祥からして、「やまのてせん」の方が伝統的に正しいことと、根岸線に山手駅(やまてえき 1964年5月開業)が存在していたことによる混同を避けるためだそうだ。





う~ん、勉強になるなぁ~(笑)







以上、【今日の一曲】のコーナーでした!






スポンサーサイト

Posted on 2016/11/09 Wed. 18:33 [edit]

CM: 0
TB: 0

« Best Hit USA_2016年11月10日【ON AIR LIST】  |  怪獣の世界・・・2ページ目 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/749-2b34c88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top