【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0619

戦場ロマン・シリーズ  


以前、この記事にも書いたが、昔買った「戦場まんがシリーズ」の単行本、ゴールデンウイークに帰省したので、残ってるかなぁ~と探したのですが・・・



・・・無かった。弟がだいぶ前に持っていったらしい。。。。_| ̄|○



なので、成果はこれだけ。




新谷かおる著「戦場ロマン・シリーズ」第1巻「凍結戦線」!


新谷かおるは「ファントム無頼」「エリア88」が好きでよく読んでいたが、こっちの方が先に連載してたんだね。
※1977年『月刊プレイコミック』1977年より連載。「ファントム無頼」は1978年、「エリア88」は1979年。


松本零士のアシスタントをやってたから、作風も似てくるのかね。
※ちなみに松本零士の「宇宙海賊キャプテンハーロック」に登場するヤッタラン副長は、新谷かおるがモデルらしい。





掲載作品の詳細はこちらのウィキペディアに詳しく載ってるので、概要だけ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA




第1話:凍結戦線

アメリカ陸軍兵が主人公。
冬のアルプス山中に墜落した輸送機から極秘の重要書類を回収してくる任務を受ける。
発見した輸送機の中には脱走ドイツ兵と身重のユダヤ人女性が潜んでいた。
その脱走兵を追ってきたドイツ兵と戦闘になるが、戦闘の最中に女性が産気づく。。。



第2話:鉄十字の鷲と虎

若いドイツ空軍パイロットと老いたドイツ陸軍戦車兵が主人公。
老戦車兵の家族はベルリンの爆撃で亡くなっており、絶対防衛線を誇っていた空軍を恨んでいた。
互いの名も知らぬまま最後の戦いへ。戦闘直前,老戦車兵は若者を気絶させ、生きろと戦車から突き落とす。。。



第3話:アルデンヌの白い虎

ドイツ陸軍戦車兵が主人公。
部隊からはぐれ、エンジントラブルで動けずにいた。
逃亡中のユダヤ人一家に米軍基地の近くまで連れていくことを条件にエンジンを修理してもらう。
しかしその米軍は偽装したドイツ軍であり、助けたユダヤ人娘は乱暴され、息を引き取る。
怒りに駆られた主人公達は、単騎で偽装ドイツ軍の部隊へ突撃して行く。。。。



第4話:電光の鷹

ドイツ空軍パイロットが主人公。
連合軍に内通した兄を撃墜するよう命令される。
兄殺しに苦悩する彼の前に、平和と鳩を愛する、新聞記者である兄の婚約者が現れる。
婚約者が特報を伝えるためにスイスに飛ばした伝書鳩と、主人公が操縦する世界最速の鷹「メッサーシュミット Me262」がバードストライクをおこす。
鷹が鳩に敗れたことに驚愕しながら落ちていく主人公。。。



第5話:出撃!ゲタばき野郎

日本海軍パイロットが主人公。
二式水上戦闘機を操る主人公は、仲間とともに南方での単独作戦を命じられる。
霧の中で活動するアメリカ軍の空母を発見した主人公は、二式水戦のフロートに魚雷をくくりつけ、魚雷艇のように海上を吶喊するという奇策で空母に挑む。。。。



第6話:騎士たちの黄泉

ドイツ空軍パイロットが主人公。
騎士道に則り、一騎打ちの空戦で強敵を打ち負かすことを目的に夜間戦闘で目立つよう、排気炎を絞らずに飛ぶ主人公。
同じように排気炎を全開にして飛ぶ敵機と遭遇。そして二人の「騎士」の「一騎打ち」が始まる。。。。







第1巻はドイツ軍が主人公の話が多いが、連合国軍が主人公の話もある


師である松本零士の「戦場まんがシリーズ」では、日本軍かドイツ軍が主人公で、たしか連合国軍が主人公の話はなかったと思う。。。


作風も松本零士よりコミカルな演出(「凍結戦線」「出撃!ゲタばき野郎」など)が多いかな?






次回は第2巻「戦略輸送(キャラバン)333」をご紹介・・・できるかな??







スポンサーサイト

Posted on 2016/06/19 Sun. 21:56 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 魅惑の造形美の世界・・・ その1  |  サンデー・ソングブック_2016年6月19日【ON AIR LIST】 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/503-00cde391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top