【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

1118

押井守・・・  


前回記事にて、撮りためたベータテープの内、本数として多かったのが、毎週放送されるTVアニメ。

ヤマト、ガンダムなどは再放送や新シリーズ、サンライズ物「ボトムズ、ザブングルなど)や「北斗の拳」「キャッツアイ」「タッチ」・・・等々。


ああ、あと特撮モノの再放送かな。ウルトラシリーズ、特に「セブン」「Q」。円谷特撮「怪奇」、「ゴジラ」映画シリーズ・・・

戦隊モノや仮面ライダーは撮らなかったな。



そんな中で、好きだったのはこの作品。


TVアニメ「うる星やつら」


正確には、押井守監督時代のアニメ「うる星やつら」だ。


宮崎駿演出時代の「ルパン三世」(第1シリーズ:緑ジャケットの頃ね)が好きなのと同じ(?)



「押井守」とは・・・・?(今更説明の必要はないとは思うが・・・)

”今や日本を代表するアニメ作家、演出家、映画監督。代表作は「うる星やつら」や「機動警察パトレイバー」「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」・・・など”



原作の漫画「うる星やつら」も好きなことは好きだったが、押井版「うる星」の原作とはかけ離れた?独自の演出やギャグなどが、アバンギャルドで面白かった


例えば、「うる星やつら」と「ねじ式」の合体作品!?


それがこの回!


第76話 「決死の亜空間アルバイト」(漫画原題:「湯舟に浮かぶ銭の花を流せ!!」)

urusei_yubune.jpg


※以前バンドを組んでいたメンバーが最近、「うる星やつら」で「ねじ式」のパロディーの回をやっと見ることができた、とツィートしていた。





またまた、ちなみに、「ねじ式」とは?・・・・
”つげ義春により1968年『月刊漫画ガロ』6月増刊号「つげ義春特集」に発表された漫画作品。発表当時、そのシュールな作風と常軌を逸した展開から漫画界以外でも大いに話題になった”




「ガロ」は、1960年代に先見性と独自性で一時代を画した漫画雑誌で、大学生など比較的高い年齢層の読者に支持されていた。まさに「サブカルコミック」の元祖である。

全共闘世代の押井も、当然影響されていたのだろう。




「決死の亜空間アルバイト」の中で、どのように「ねじ式」がパロディー化されたか・・・?






・・・・は、また長くなるので次回。。。。








スポンサーサイト

Posted on 2015/11/18 Wed. 20:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 【今日の一曲】「男の世界」  |  我が愛しきのBetamax・・・完結編! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/253-187f633e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top