FC2ブログ

【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0601

【懐かしのON AIR LIST】サウンドストリート「大滝 詠一 ファーストソロアルバム『大瀧詠一』特集」   


毎度おなじみ、【懐かしのON AIR LIST】サウンドストリートのコーナーです!




今回は、私が敬愛する「大滝 詠一」氏の傑作アルバムを紹介していた回。







NHK FM 1983年○月 22:00 〜「サウンドストリート」ON AIR LIST
「大滝 詠一 ファーストソロアルバム『大瀧詠一』特集」


DJ:渋谷陽一
ゲスト:大滝 詠一




<オンエア曲>
1.恋するカレン
2.びんぼう
3.あつさのせい
4.颱風
5.うららか
6.名月赤坂マンション

※一部、権利の関係で削除している曲があります。


大滝 詠一がまだ「はっぴぃえんど」在籍中の1972年11月にリリースしたファーストソロアルバムを中心に大滝作品を紹介していた。


エアチェック時期を失念してしまったのだが、話の中で渋谷陽一が、”何故『A LONG VACATION』からこれほど長いインターバルが発生しているのか?〜”、などと話していること、『A LONG VACATION』のリリースは1981年3月、次の『EACH TIME』が1984年3月、という事実から推測すると、1982年だと1年後なので大したインターバルではないので1983年の後半か1984年初頭ではないか?

当時の私の「はっぴぃえんど」および「大滝 詠一」に対するイメージは(以前にも書いた記憶があるが)、「YMOの細野晴臣が昔在籍したバンド」、また「日本語ロックの草分け」などであった。「大滝 詠一」に対するリスペクトはそれほど無かったが、『A LONG VACATION』が大ヒットしていた時期なので、この回を聴いていた時も、”ああ、『A LONG VACATION』の作者で「はっぴぃえんど」のボーカルの人のソロアルバムを特集するんだぁ・・・”、ぐらいの感じだった。

しかし、紹介された曲を聴いた途端!イメージは一変した!

渋谷陽一に”早すぎたニューウェーブ”と称された「びんぼう」、熱いロックンロールナンバー「あつさのせい」、重いビートの「颱風」、人生の悲哀を何とか笑い飛ばしてやろうという意欲作「名月赤坂マンション」・・・等々。

「はっぴぃえんど」や『A LONG VACATION』で聴くサウンドと全く違う、「ROCKでシニカルな大滝 詠一」のサウンドであった。

この放送を聴いて、ぜひこのアルバムを入手したかったが、田舎の高校生には入手できないほど、レアなレコードであった。なので、このエアチェックテープは聴き倒しましたね〜。


そして、月日が流れ、このアルバムのCDを入手できたのは、大学になってからであった。番組では紹介されなかったが、当然『A LONG VACATION』のようなメロディアスな曲や「はっぴぃえんど」ぽい曲もある(むしろそうした曲の方が多かった)が、メロディーメーカーだけではない「大滝 詠一」を知るには十分だった。






以上、【懐かしのON AIR LIST】のコーナーでした!





スポンサーサイト

Posted on 2018/06/01 Fri. 22:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ウィークエンドサンシャイン_2018年06月02日【ON AIR LIST】  |  Best Hit USA_2018年05月31日【ON AIR LIST】 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/1684-316db6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top