【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0630

魅惑のセブンの世界・・・ その39  


毎度おなじみ、「魅惑のセブンの世界」のコーナーです!





今回は後半戦の見せ場のひとつ。

セブンに出てきた宇宙人の中でも人気の高い、この宇宙人が登場するこの回の前編!






ウルトラセブン第39話「セブン暗殺計画(前篇)」

seven39_01.jpg

<制作データ>
放映日:1968年(昭和43年)6月30日
制作第38話
脚本:藤川桂介
監督:飯島敏宏
特殊技術:高野宏一



<あらすじ>

いきなり怪獣とセブンが戦っている…しかもモノクロ映像だ。。。
seven39_02.jpg
昼、夜、晴れ、雨、と様々なシチュエーションで戦う、セブンとアロン。
その度に、セブンの能力は裸にされていく…。
謎の男の声による、セブンの能力解説。

「セブンの透視力、普通の物質ならば、簡単に見通してしまうのだ」
「アイ・スラッガー.、エメリューム光線と共にセブンの万能武器の一つだ」
「セブンの活動限界を示す、ビームランプだ。あれが点滅し始めたら、セブンは活動不可能になる」
「我々の狙うセブンは、実はウルトラ警備隊の、ダン隊員なのだ」


seven39_03.jpg
「だったらダンを倒してしまえば簡単ではないか」(ガッツ星人B)
「いや…、セブンを倒さなくては、我々の目的は、成功しない…。セブンを倒せば、人類はたちまち降伏するに…、違いないからだ…」(ガッツ星人A)
「我々は、アロンを使って、セブンの能力を分析した。これを基にして戦えば、必ず勝てる!」(ガッツ星人B)
「そうだ、セブンを倒す暗殺計画は完了した」(ガッツ星人A)
「ハッハッハッハ…」(ガッツ星人A&B)




作戦室に戻ってきたフルハシとアマギ。
通報を受けて緊急出動したのに、偽通報だったのだ…。
seven39_04.jpg
「まったくひどいイタズラだよ!これで4回目の出動ですからね」(フルハシ)

フルハシを見て包みを隠していたアンヌ。
seven39_05.jpg
「フルハシさんに小包が届いているわ…。遥か、アフリカから!」(アンヌ)
←防衛隊員でも、こういう仕草がやっぱり女子ですねぇ~(笑)


「あら?女性からよ!」(アンヌ) ←知ってたくせに…。
同封の手紙を勝手に開けて読もうとするアンヌ。しかしフルハシが取り返して・・・
「…私がサファリラリーへ参加した折りに、土地の有力者からいただいたものです。珍しい宝石なので半分お分けします。あまり高い宝石ではありませんが、原住民の人たちが首飾りにしているそうです…」(フルハシ)
seven39_06.jpg
「へぇ~うまくやりましたねェ…。するとその女性はつまり、先輩の…」(ソガ)
「いやこの人はねェ、つまり…、その、妹の友達なんだよぉ…」(フルハシ)
「妹さんの友達ねぇ…、なるほどなるほど、それで…」(アンヌ)

←アンヌってば…、…やたらとうれしそう…。

しかし、なんか話の輪に入れない真面目なダンであった(笑)。


そこに緊急警報が入った。第三地区だ。
「デマだ!デマだ!ほっときゃあいいんだ!」(フルハシ)
「フルハシ!そう簡単に決めつけちゃあイカン!たとえ千回の通報が千回ともウソでも、出動するのが我々の義務ではないか!」(キリヤマ)
「はっ、軽薄でした」(フルハシ)

締めるところはビシッと締める、流石のキリヤマ隊長。


夜の第三地区。ポインターで到着した、ダンとアンヌ。
特に変わった様子はない・・・またイタズラだったのか?

その時、ポインターの後ろに、無人の車が近づいてきた。
seven39_07.jpg

「誰だ、君は?」(ダン)
「我々は、いかなる戦いにも負けたことがない、無敵のガッツ星人だ!」(ガッツ星人)

seven39_08.jpg

「アンヌ、基地へ報告するんだ!」(ダン)
アンヌを逃がそうとするダン。

「どうやら、我々だけになったようだな…」(ガッツ星人)
瞬間の内に、ビルの屋上に移動するガッツ星人。
カプセルを取り出すダン。
「ウインダム、行け!」(ダン)
カプセル怪獣ウィンダムの登場である
seven39_09.jpg

「キサマナド、アイテニナラン」(ガッツ星人)
ウインダムの視界から消えたガッツ星人は、宇宙船から攻撃。
「あっ、ウインダム戻れ」(ダン)
しかし、ダンの指令は間一髪遅かった…。
ビーム光線直撃のウインダムは、爆発、炎上してしまった…。
seven39_10.jpg

巨大化して、ダンに迫るガッツ星人。
seven39_11.jpg
ポケットからウルトラ・アイを抜くダン…しかし、変身を躊躇する。
「おかしい、何かおかしい…。ワナかもしれない…」(ダン)

変身をやめて、ポインターに戻るダン。
「ダン、ミサイル攻撃で突破しましょう!」(アンヌ)
発射装置に手を伸ばすアンヌ。
「待て、アンヌ…。来たぞ、ベルトを締めろ!」(ダン)
救援に駆けつけたホーク1号が、ポインターを拾う。
seven39_12.jpg
ホーク1号とともに、夜空に飛翔するポインター。
何とか窮地から脱したダンとアンヌ。



作戦室。
ひとり、もの思いにふけるダン。
(ソガ隊員がパトロールに出たときも異常はなかった。フルハシ、アマギ隊員が出ていったときも何ら変化はなかった。それなのに、アロンに襲われたのも、ガッツに狙われたのも、僕が出ていったときだった。…だとすると、敵の狙いは僕だ。しかし、何のために僕を狙うんだ?)
←それは君が、セブンだからだよ!


偵察に出たホーク3号から入電。泉が丘上空1万メートル付近に、何か存在しているとのこと。
姿を現したのはガッツ星人の宇宙船だった。

ポインターで泉が丘へ急行するダン、ソガ。
seven39_13.jpg

泉が丘に到着した、ダンとソガ。
そこに小型円盤が飛来して、男の声が聞こえた…。
「そんな物でガッツ星人に立ち向かえるとでも思っているのか!」(ガッツ星人)
seven39_14.jpg

ソガに接近する小型円盤。
あっという間に拉致されるソガ。
seven39_15.jpg
すかさず、ウルトラ・アイを取り出そうとするが、ためらうダン。
「ダメだ、ソガ隊員がいる…」(ダン)

しかし、橋を破壊されて、やむなくセブンに変身した。
「やっとセブンになったな、待ってたぞ」(ガッツ星人)

分身しながら戦って、セブンを翻弄するガッツ星人。
アイ・スラッガー、エメリューム光線、ワイドショット…。必殺技を次々と披露するセブン。
しかし、どれひとつ有効打にはならない。
seven39_16.jpg

そして、双方のガッツ星人からセブンへ光線が放たれた…。
意識が朦朧とするセブンの額では、ビームランプが点滅を始めた。
seven39_17.jpg
左右からトドめの捕縛光線をセブンに浴びせかける。2度の捕縛光線斉射を受けたセブンの両腕が、横に上がって行く…、そして、ビームランプの点滅が早くなる…。

その時、どこからともなく十字架型の透明ケースが飛来した。
seven39_18.jpg
十字架ケースは、セブンの身体を覆おうと、セブンとともに何処にか消えていった・・・


現場に到着した、キリヤマ隊長、フルハシ、アマギの3人。
「ソガ!、おいソガ、しっかりしろ!」(フルハシ)
意識を取り戻したソガ…。
「…ダンは?」(キリヤマ)
「わかりません…」(ソガ)



その時、ガッツ星人の宇宙船が現われた。
seven39_20.jpg

応戦する地球防衛軍陸上防衛隊の特車部隊。
seven39_19.jpg

荷台にロケットランチャーを積載した特殊トラックが一斉に砲撃を開始する。
しかし、ある所まで前進した特車部隊は、次々と火を噴いて爆発するではないか…!
seven39_21.jpg
「チクショー、何か強力なバリアを張り巡らしたんだ…」(アマギ)


そして、突如、十字架ケースに入ったセブンが現われた…。
「…セブン!…」(アンヌ)
「地球の全人民に告ぐ、君たちの英雄セブンは、夜明けと共に処刑されるであろう」(ガッツ星人)

seven39_22.jpg
←十字架に貼り付けにされたセブンの姿。衝撃的な光景である。。。


「天文班から明朝の日の出は5時21分と報告された。セブンの処刑まで、あと12時間足らずしかない」(浦野光)



焦燥の作戦室。

「チキショー、どうしたらセブンは蘇るんだい?」(フルハシ)
「何しろ、相手が宇宙人だからな、見当がつかない…」(アマギ)
「ねぇ、さっきからセブンのことばかり言ってるけど、ダンはどうなるの?…敵に連れて行かれたのよ…」(アンヌ)

seven39_23.jpg

「アンヌ、決して忘れてるわけじゃない…。ただ、ガッツ星人が、セブンを夜明けに処刑するという意味を考えるんだ」(キリヤマ)
「やつらは、我々の目前でセブンを処刑し、地球人に心のよりどころを失わせようとしているのかもしれない…。そうすることによって地球人は、彼らと戦う勇気を失い、服従を認めてしまうようになるだろう…」(タケナカ参謀)

「…じゃ、ダンは犠牲になれって云うの?」(アンヌ)
「アンヌ!…ダンは、もう殺されているかもしれない…」(タケナカ参謀)
「エッ…」(アンヌ)

一番考えたくないことを言われ、ハッとするアンヌ…。
seven39_24.jpg


その時、通信隊員がおかしな発信音をキャッチした。
「宇宙ステーションの回路を使っていますが、ステーションからのものではありません」(通信隊員)
「よし、録音して直ちに分析するんだ」(キリヤマ)

俄かに色めきだつ作戦室。
しかしアンヌは、セブンのことよりも、地球のことよりも、宇宙人のことよりも、ただひとつ、ダンの無事が知りたかった…。


「セブン救出に心を砕くウルトラ警備隊に、また、ひとつの謎が投げかけられた…。あの発信音は新たな侵略の前触れなのか…?しかも、ガッツ星人によるセブン処刑のときは、刻々と迫っていた…。明日は、我々人類の破滅の夜明けになるのだろうか?…」(浦野光)


泉が丘のセブンを見守るウルトラ警備隊。
seven39_25.jpg
そしてアンヌは、ダンの無事を祈っていた…。







・・・後編へ続く。





(C)円谷プロダクション







スポンサーサイト

Posted on 2017/06/30 Fri. 19:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ウィークエンドサンシャイン_2017年7月1日【ON AIR LIST】  |  Kenrocks Nite - Ver. 2_2017年6月29日【ON AIR LIST】 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/1138-e67957ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top