【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0606

【特選アルバムライブラリ】Television「Marquee Moon」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は「T」のアーティストの第一弾。


イニシャル「T」のアーティストのアルバムも沢山持ってます。。。


70年代NYパンク/ニューウェーブを代表するこのバンドのこのアルバム!


Television「Marquee Moon」



<収録曲>
1.See No Evil
2.Venus
3.Friction
4.Marquee Moon
5.Elevation
6.Guiding Light
7.Prove It
8.Torn Curtain



ご存じトム・ヴァーレイン率いる「テレヴィジョン (Television)」のファーストアルバム。1977年2月リリース。ジャケット写真はロバート・メイプルソープによるもの。


1977年というパンクの嵐が吹き荒れた時代のため、「ニューヨーク・パンクの雄」と紹介されていたが、サウンド的に80年代から勃興する「ニューウェーブ」に近い

トム・ヴァーレインの甲高く神経質そうなボーカルと文学的な色彩の濃い歌詞、2本のギターが絡み合うフレーズ、ベース、ドラムとのアンサンブルの妙など、同時期のパンクバンドとは一線を画す。

むしろ同じNY出身の「ヴェルベット・アンダーグラウンド」や「ドアーズ」からの影響が感じらえる。
※ちなみに、メジャーデビューのレーベルを「エレクトラ」にしたのも、リスペクトする「ドアーズ」の所属レーベルだからだそうだ。




私が「テレヴィジョン」を聴くようになったきっかけは、80年代のネオサイケバンド「エコー&ザ・バニーメン」がライブアルバムで演奏する「Friction」を聴いてから(そのライブアルバムでは、テレヴィジョンの他、ドアーズ、ビートルズ、ストーンズ、ヴェルベットなどエコバニが影響を受けたバンドの曲を披露していた)。



タイトル曲の「Marquee Moon」は圧巻!11分近い大作なのだが、淡々と奏される前半から徐々にGソロが盛り上がり、バックの演奏もそれに応えるかのようにテンションが上がり、そして頂点へ。。。名曲である。







以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!





スポンサーサイト

Posted on 2017/06/06 Tue. 19:13 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 【今日の一曲】「Lullaby of Birdland」  |  怪獣の世界・・・24ページ目 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://tera04569.blog.fc2.com/tb.php/1098-4add3736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top