FC2ブログ

【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

1231

2019年も終わりだ・・・・   


今日は2019年12月31日、大晦日だ。

2019年もあと僅か。

月日が流れるのは早いものだ。。。



今年を「音楽&サブカル的」に振り替えると・・・後半は引っ越しなどあり、なにかと多忙だったが、まあまあ充実した1年だったかな?

今年は昨年と違って、コンスタントにライブできたのは1バンドのみ。大学の軽音サークルの大先輩たちと組んだバンドは、今年はライブはなし。

しかし、大学の軽音サークル時代に組んでいたバンドを復活できた(まあ、メンバーは違うが・・・)!

本来やりたいブリティッシュビート系、パンク系をできたので、とても良かった。メンバーもとてもやる気があるので、他のバンド活動で多忙ではあるが、年に数回はライブやってみたい。



ブログの記事の方は、上記の通り、後半多忙だったため、更新が遅くなったりしましたが、なんとか毎日更新できました。。。







来年もこのブログを宜しくお願いします!




良いお年をお迎えください!!



スポンサーサイト



Posted on 2019/12/31 Tue. 20:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1230

【わたしのトップレート】Black Sabbath「Paranoid」  


毎度おなじみ【わたしのトップレート】のコーナーです。






好きな曲を登録したプレイリスト「トップレート」は、私の音楽の好みが詰まってます。


そんな「トップレート」から再生回数の多いものからお気に入り曲をご紹介する・・・・
【わたしのトップレート】のコーナーです!



今回はメタル界の重鎮のこのバンドの代表曲です。。。


Black Sabbath「Paranoid」


”「パラノイド (Paranoid)」 は、ブラック・サバスが1970年に発表したセカンドアルバム「パラノイド (Paranoid)」に収録。シングルカットされ、ブラック・サバス初の全英ナンバーワンアルバムとなった。1971年1月7日にアメリカでもリリースされ、チャート4位にまで上り詰めた。”



ちなみに、この曲もバンドではできません。。。






以上、【わたしのトップレート】のコーナーでした!


Posted on 2019/12/30 Mon. 20:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

1229

ワールドロックナウ_2019年12月29日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。



NHK FM 毎週日曜日 17:00~放送
「ワールドロックナウ」ON AIR LIST

年末特番「三者鼎談:2019年総括(guest : 大貫憲章、伊藤政則)」

こちらをご参照ください。。。
http://worldrocknow.blog.fc2.com/blog-date-20191229.html



Posted on 2019/12/29 Sun. 17:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1229

サンデー・ソングブック_2019年12月29日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


TOKYO FM 毎週日曜日 14:00~14:55 放送
「山下達郎のサンデー・ソングブック」ON AIR LIST

「年忘れ夫婦放談 Part.2」

14:04 RECIPE (レシピ)/山下達郎
14:09 旅のつづき/竹内まりや
14:18 プラスティック・ラヴ/竹内まりや
14:22 シングル・アゲイン/竹内まりや
14:29 Get Back In Love (Live / '19.8.10 中野サンプラザ)/山下達郎
14:41 恋のひとこと(Something Stupid)/竹内まりや Duet With 大滝詠一
14:46 いのちの歌/竹内まりや




Posted on 2019/12/29 Sun. 14:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1228

Honmoku Red Hot Street_2019年12月28日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


FM Yokohama 毎週土曜日  23:00~24:00 放送
「クレイジーケンバンドラジオショウ Honmoku Red Hot Street」ON AIR LIST


こちらをご参照ください。。。
https://blog.fmyokohama.jp/ckb/2019/12/20191228-e748.html



Posted on 2019/12/28 Sat. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1228

やさしい夜遊び_2019年12月28日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


TOKYO FM 毎週土曜日 23:00~23:55放送 
「 桑田佳祐のやさしい夜遊び」ON AIR LIST


すいません、こちらも下記URLの「番組名で検索」で日付を指定してご覧ください。。。
https://www2.keitai.fm/search/view/au/




Posted on 2019/12/28 Sat. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1228

Kenrocks Nite - Ver. 2_2019年12月28日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


Inter FM 毎週土曜日 22:00~23:00 放送 
「Kenrocks Nite - Ver. 2」ON AIR LIST


下記から日時設定して検索してください。。。

https://www.interfm.co.jp/search/





Posted on 2019/12/28 Sat. 22:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

1228

ウィークエンドサンシャイン_2019年12月28日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


NHK FM 毎週土曜日 07:20~09:00 放送
「ウィークエンドサンシャイン」ON AIR LIST


(曲名 / アーティスト名 // アルバム名)
<Best of 2019>
01. Black Myself / Our Native Daughters // Songs Of Our Native Daughters
02. Better Git Yer Learnin’ / Our Native Daughters // Songs Of Our Native Daughters
03. Georgia / Brittany Howard // Jaime
04. Piano Joint (This Kind of Love) Intro~Piano Joint (This Kind of Love) / Michael Kiwanuka // Kiwanuka
05. Quiet Amplifier / Wilco // Ode To Joy/dBpm
06. Hay Tiempos / Flor De Toloache // Indestructible
07. Rydz/Mazurek from Michal Rydz / Janusz Prusinowski Kompania // In The Footsteps
08. The Lunatics / Specials // Encore
09. Gangsters / Specials // Encore
10. One For The Lonely / Paul Pena // Paul Pena
11. A Time For Peace / The Little Shadows // The Time For Peace Is Now (Gospel Music About Us)
12. Keep Your Faith In the Sky / Willie Scott & The Birmingham Spirituals // The Time For Peace Is Now (Gospel Music About Us)
13. We Got a Race to Run / Staples Jr. Singers // The Time For Peace Is Now (Gospel Music About Us)
14. I’ll Be Gone / Norah Jones & Mavis Staples // single

<ゲスト:民謡クルセイダーズ>
15. 虎女さま / 民謡クルセイダーズ(@FACE.A-J)
16. 真室川音頭 / 民謡クルセイダーズ(@FACE.A-J)
17. おてもやん / 民謡クルセイダーズ(@FACE.A-J)
18. Jeunesse Vauclin / Barel Coppet Et Mister Lof // Tumbele! Biguine, afro & latin sounds from the French Caribbean, 1963-74
19. Cumbia Del Monte / Pedro Laza Y Sus Pelayeros // Cumbia Cumbia 1 & 2
20. 串本節 / 民謡クルセイダーズ(@東京キネマ倶楽部)
21. 広島木遣り音頭 / 民謡クルセイダーズ(@東京キネマ倶楽部)
22. 大漁唄い込み / 民謡クルセイダーズ(@東京キネマ倶楽部)
23. 牛深ハイヤ節 / 民謡クルセイダーズ(@東京キネマ倶楽部)
24. 会津磐梯山 / 民謡クルセイダーズ(@東京キネマ倶楽部)
25. 炭坑節 / 民謡クルセイダーズ(@東京キネマ倶楽部)

<Tokyo Jazz 2019>
26. Requiem for Kiyoshi Koyama-san / Charles Lloyd
27. Japanese Waltz / Chick Corea Akoustic Band
28. Xavi / Snarky Puppy

<Live Magic 2019>
29. 夕方ラブ / 小坂忠
30. Many Rivers To Cross / 小坂忠
31. I’m On Fire / Steinar Raknes
32. Folks and People / Steinar Raknes
33. Caras Lindas / Flor de Toloache
34. Besos de Mezcal / Flor de Toloache
35. 3MA / 3MA

36.December / Kyle Shepherd(@Shikiori)
37.Something You Got / Dr. John




Posted on 2019/12/28 Sat. 07:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

1227

【Good Cool ZOKE!】小田急ロマンスカー  


毎度お馴染み、【Good Cool ZOKE!】のコーナーです。





特撮に限らず、あらゆる分野で私が「グッときた!」と感じた造形を取り上げていくこのコーナー・・・




段々、ネタ不足となってきました。。。。今回は鉄道です。ウルトラセブン第2話「緑の恐怖」にも登場したこの列車!




【Good Cool ZOKE!】小田急ロマンスカー

OdakyuNSE3100.jpg

”「小田急ロマンスカー」は、小田急電鉄が運行する特急列車および特急車両の総称である。写真は1963年に3100形。この3100形は "New Super Express" 、略して「NSE車」と呼ばれ、8両連接車だったSE車に対し、NSE車では11両連接車とし、さらに編成両端を展望席とすることによって定員増を図った車両である。1963年から2000年まで運用されていた。”




その独特なデザインが、「グッとくる!」造形です。。。





以上、【Good Cool ZOKE!】のコーナーでした!



Posted on 2019/12/27 Fri. 19:56 [edit]

CM: 0
TB: 0

1226

「邦題つけ放題・・・」ギター殺人者の凱旋  


毎度お馴染み、「邦題」つけ放題・・・のコーナーです!






1960〜70年代の外国音楽や映画のタイトルには必ずと言っていいほど付いていた「邦題」

今ほど英語が浸透していなかったため、わかりやすくするためでしたが、原題をそのまま日本語訳もしくは原題の意味がわかる邦題であれば問題ないですが、当時の邦題はそんなことお構いなし!(笑)いかに目に止まるか!目立つか!が勝負でした!(笑)



そんなツッコミどころ満載の昔の「邦題」にスポットを当てる?このコーナー・・・



今回はこの天才的ギタリストのアルバムタイトル!




邦題「ギター殺人者の凱旋」(原題:Blow by Blow) by Jeff Beck

beck_blow_by_blow.jpg

”『ブロウ・バイ・ブロウ』 (Blow by Blow) は、1975年にリリースされたジェフ・ベックのアルバム。発表当時の邦題は、『ギター殺人者の凱旋』(The Return of Axe Murderer)であった。”



アルバムに「ギター殺人者の凱旋」という曲が入ってないのに(しかもインストアルバムだから、歌詞もなし。。。)、何故、ギター殺人者の凱旋」という邦題になったのか?

その理由が、ある方のブログ記事にありましたので、参照してみました。
https://sowhat1993.blog.ss-blog.jp/2008-08-13-1


beck_axe_muder_poster.jpg

”これは『Blow By Blow』発売時、アメリカの雑誌(おそらくCash Box誌)に掲載された告知広告です。ご覧の通り「The Return Of The Axe Murderer」というコピーがつけられていました。これを巧く日本語にすれば「ギター殺人者の凱旋」となるわけです。決して日本で勝手に考えられたものではなかったのです。初回LPの帯には小さく「Blow By Blow」の表記も残されていて決して無視はしていないものの、「Blow By Blow」をかっこいい邦題にしにくいので、コピーを邦題に使ったと考えるのが良さそうです。この邦題に好き嫌いはあると思いますが、ソニー担当者の勝手な創作でなかったことだけは理解できます。”


つまり、「Blow By Blow」だと、カッコ良い邦題がつけられないので、キャッチコピーの「The Return Of The Axe Murderer」を採用した、ってことなんですかね。。。







以上、「邦題つけ放題・・・」のコーナーでした!


Posted on 2019/12/26 Thu. 19:28 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top