FC2ブログ

【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0531

思い出の「ごっつ」・・・【誘拐】  


毎度お馴染み、【思い出の「ごっつ」・・・】のコーナーです。





「ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)」が出演していた伝説のお笑いバラエティー番組、「ダウンタウンのごっつええ感じ」



数多ある「ごっつええ感じ」の名作コント、コーナーより、個人的に思い出深いものをご紹介しております。




またまた刑事ものコントです。。。



ごっつええ感じ 「誘拐」


概要を簡単に説明すると・・・
”息子であるトモカズを誘拐された母親(YOU)は家に刑事長(松本)と刑事達(今田、東野、蔵野)が来ていた事を犯人(板尾、声のみ)に見破られてしまう。犯人に「そこにいるのは誰だ?」と言われた母親は「オバハンです」と言ってごまかそうとするが、犯人からは「オバハンやったら手料理の一つでも作ってみろ」と要求される。そこで刑事長が焼き飯を作る事になり、完成させて犯人の目の前に見せる。しかし、その後の電話で刑事長が犯人に対し「刑事長特製焼き飯だぁ!」と言ってしまったため、トモカズは撃たれてしまった。”



以上、【思い出の「ごっつ」・・・】のコーナーでした!



スポンサーサイト



Posted on 2019/05/31 Fri. 19:42 [edit]

CM: 0
TB: 0

0530

Best Hit USA_2019年5月30日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


NACK5 2019年5月30日(木) 00:00~01:00
「小林克也 Best Hit USA」ON AIR LIST


00:00 Hey Look Ma, I Made It PANIC! AT THE DISCO
00:02 When The Party's Over BILLIE EILISH
00:06 Cool JONAS BROTHERS
00:08 If I Can't Have You SHAWN MENDES
00:10 Don't Call Me Up MABEL
00:12 Better KHALID
00:20 Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse) POST MALONE & SWAE LEE
00:23 Here With Me MARSHMELLO feat. CHVRCHES
00:25 Talk KHALID
00:27 Eastside BENNY BLANCO, HALSEY & KHALID
00:29 Who Do You Love THE CHAINSMOKERS feat. 5 SECONDS OF SUMMER
00:31 Without Me HALSEY
00:33 Bette Davis Eyes KIM CARNES
00:38 ME! TAYLOR SWIFT feat. BRENDON URIE
00:40 Old Town Road LIL NAS X feat. BILLY RAY CYRUS
00:43 7 Rings ARIANA GRANDE
00:44 Wow. POST MALONE
00:46 Break Up With Your Girlfriend, I'm Bored ARIANA GRANDE
00:48 Sweet But Psycho AVA MAX
00:50 Dancing With A Stranger SAM SMITH & NORMANI
00:55 Sucker JONAS BROTHERS



Posted on 2019/05/30 Thu. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0529

【今日の一曲】「ウィザウト・ハー」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!





またまた山下達郎のラジオでオンエアされた曲で、昔からの疑問点が解決できました。。。



ニルソン「ウィザウト・ハー」




・・・?ニルソンと言えば「ウィズアウト・ユー」じゃないの?マライアもカバーした・・・・

・・・とお思いでしょうが、「ウィザウト・ハー」という曲もあるんです。しかもこちらが自作曲で「ウィズアウト・ユー」はカバー・・・・?


何やらややこしいので、解説すると・・・


”「ウィザウト・ハー」は1967年に発売された実質のデビュー作である「Pandemonium Shadow Show (パンディモニアム・シャドウ・ショウ)」に収録。このアルバムを聴いたジョン・レノンがニルソンの元に国際電話をかけ、「You are great!」と、賞賛したというエピソードは有名。
またこのアルバムは、ビートルズのカバー「ユー・キャント・ドゥ・ザット」「シーズ・リービング・ホーム」やフィル・スペクターの作品のカバーが収録されていることで有名だが、自作曲が多くのアーティスによってカバーされたことでも有名らしい。・・・トム・ノースコットとビリー・J・クレイマーが「1941」を、ブラッド・スウェット&ティアーズ(アル・クーパー)、ジャック・スコット、ハーブ・アルパートが「ウィズアウト・ハー」を、そしてケニー・エヴェレットが「ひさしぶりの口づけ」をそれぞれのアルバムでカヴァーしている。”



・・・で、私の疑問点というのは、ハーブ・アルパートがカバーした「ウィズアウト・ハー」は、調べるとニルソンのカバーだと出てくるのだが、「ニルソン ウィズアウト・ハー」で検索しても、出てくるのは「ニルソン ウィズアウト・ユー」ばかり・・・・聴いても全く違う曲だし、どういうこと???・・・と思っていたら、別な曲だったんです。

あまりにも「ウィズアウト・ユー」が有名なので、「ウィズアウト・ハー」が霞んじゃったんですね。。。


また、もう一つ疑問というか、ハーブ・アルパートのカバーでは、歌詞やコードなどは同じなのですが、途中に何回か、ストリングスによる盛り上がりがあり、ここがなんか変なアレンジに聞こえるんです。。。

Herb Alpert & The Tijuana Brass - Without Her
※動画の0分35秒あたりで聴けます。


ニルソンの原曲はそんなアレンジになってないんです。

ハーブ・アルパートのこの曲は、昔、仕事中にBGMとしてi-Podでかけていたセットリストに入っており、あまり大きな音ではかけないため、このストリングスの部分が突然なり出し、またボソボソと音がなり、また再度ストリングスがなり出す・・・という奇妙なアレンジのため、「誰のなんて曲だ・・・?」と、以前から気になっていたのです。



前述した通り「ウィズアウト・ハー」は他にもカバーされているみたいで、山下達郎のラジオでは「ブラッド・スウェット&ティアーズ」バージョンが紹介されていました。

Blood, Sweat And Tears-Without Her (1968)



他にもこんなアーチストもカバーしてました。

The Zombies - "Without Her"


NEIL MACARTHUR (aka COLIN BLUNSTONE)- Without Her



・・・ハーブ・アルパート以外は原曲に忠実ですね。ハーブ・アルパートはなんであんなアレンジにしたんだろう??。。。



ちなみに「ウィズアウト・ユー」は1971年発売「Nilsson Schmilsson (ニルソン・シュミルソン)」というアルバムに収録されてます。

彼にとって唯一の全米ナンバーワン・ヒットだが、実はこれはバッドフィンガーのピート・ハム&トム・エヴァンスの作品のカバーなんです。。。

他にも代表曲である「うわさの男」(1969年の映画『真夜中のカーボーイ』の主題歌として大ヒット)も、フレッド・ニールという人のカバー。。。

逆に自作の「トゥゲザー」がサンディ・ショーによって、「ワン」がスリー・ドッグ・ナイトやアル・クーパーによって、それぞれカヴァーされ、特にスリー・ドッグ・ナイトの「ワン」は全米5位に達するヒットを記録。。。



ジョンレノンも絶賛し、多くのアーティストが自作をカバーする「才能豊かなソングライター」であるのに、大ヒットするのはシンガーとして他人の曲を取り上げたときだけ・・・という状況から、徐々に「歌のうまいシンガー」としてのニルソン、というイメージに変更していったんですね。この後もランディ・ニューマンのカバーアルバムをリリースしますが、シンガーに徹し、敬愛するニューマンの名曲をあたたかく、淡々と歌い綴っています。






以上、長くなりましたが、【今日の一曲】のコーナーでした!


Posted on 2019/05/29 Wed. 19:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

0528

【特選アルバムライブラリ】The Smiths「Meat Is Murder」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。





今回は、アルファベットの「S」のアーティストの第四弾!



※段々何を取り上げたか分からなくなってくるので、履歴を記載
第三弾:Sex Pistols「The Great Rock 'n' Roll Swindle」
第二弾:Sex Pistols「Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols」
第一弾:Sam Cooke「Live at the Harlem Square Club 1963」




イニシャル「S」のアーティストのアルバムも沢山持ってますね。。。第四弾は今尚本国イギリスにおいて高い人気を持つこのバンドのアルバムで!



The Smiths「Meat Is Murder」

thesmiths_3rd_pic.jpg

”「Meat Is Murder(ミート・イズ・マーダー)」は、今日では1980年代イギリスの最も重要なロックバンドのひとつとして認知されている「ザ・スミス (The Smiths) 」の2枚目のアルバム。1985年2月11日発売。結果、コンピレーションアルバムを除けば、ザ・スミス唯一のUKチャート1位に輝いたアルバムとなった。本作のタイトル曲は、自身も10代の頃から菜食主義であったモリッシーが動物の権利について言及した曲。”





以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



Posted on 2019/05/28 Tue. 19:03 [edit]

CM: 0
TB: 0

0527

思い出のテーマソング・・・?「花のア太郎」  


毎度おなじみ、【思い出のテーマソング・・・】のコーナーです!





数多ある「テーマソング」の中から、個人的に思い出深いものをピックアップ!






マンガ連載やアニメはあまり見てなかったですが、このど演歌、浪花節調のオープニングが耳に残りました。。。





テレビアニメ「もーれつア太郎」オープニングテーマ「花のア太郎」

作詞 - 河内洋 / 作編曲 - いずみたく / 歌 - 桂京子

”『もーれつア太郎』は1967年「週刊少年サンデー」で連載され、その後1969年4月〜1970年12月まで旧NET系列でアニメ化(第1作)された赤塚不二夫の作品。『おそ松くん』『天才バカボン』と並ぶ赤塚3大ヒット作の一つである。江戸っ子気質が色濃く残る東京下町を舞台にした、人情ものの雰囲気を持つギャグ漫画。ア太郎、デコッ八、×五郎(ばつごろう)、両目つながりのおまわりさん、ニャロメ、ココロのボスとその子分たち、ブタ松、天国の神様とその弟子などの個性あふれる登場人物が物語を盛り上げる。”



なぜか赤塚作品は『もーれつア太郎』に限らず、『おそ松くん』『天才バカボン』もあまり見てなかったなぁ・・・なのであまりストーリーを覚えていない。

でも流石、天才「赤塚不二夫」、キャラクターは皆素晴らしく個性的で、ほとんど覚えている。

「ニャロメ」は似顔絵をよく描いたなぁ〜・・・多分、今でも書けるかも?







以上、【思い出のテーマソング・・・】のコーナーでした!



Posted on 2019/05/27 Mon. 19:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

0526

ワールドロックナウ_2019年5月26日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。



NHK FM 2019年5月26日(日) 17:00~18:00「ワールドロックナウ」ON AIR LIST
「新譜紹介」

1. Bad Religion / Chaos from Within
2. Bad Religion / My Sanity

Album「エイジ・オブ・アンリーズン」

6年ぶりの新作。17枚目。
シリアスな社会の中、自分たちが何かやらなければという思いから
エネルギーに満ちた作品が久しぶりに出来て、切実な歌が唄われている と。


3. Vampire Weekend / Sympathy
4. Vampire Weekend / This Life
5. Vampire Weekend / Flower Moon (feat. Steve Lacy)
6. Vampire Weekend / Spring Snow
7. Vampire Weekend / Jerusalem, New York, Berlin

Album「Father of the.. -O-Card-」

6年ぶりの新作。
機が熟して創作の必然が生まれると、こんなにすごい作品が出来るんだ
という作品。
インディー的な前衛性を持ちながら、ポップでありながら、
すごくシンプルな言葉で今の時代の空気をしっかりと表現して作品化している。
難しいことが表現されているが、
ポップミュージックとして建て付けがスマートだし、
誰もが聴いて楽しいといえる構造を持っている。
宝石のようなポップソングがいっぱい入っている。
素晴らしいアルバム と。


8. LSD / Angel in Your Eyes

Album「Labrinth, Sia & Diplo.. 」

ソングライター、プロデューサーとして超一流の3人が集まったユニット。
オリンピックのメダリストがエキシビジョンをしている感じ と。


9. Noel Gallagher's High Flying Birds / Black Star Dancing (2019)
Album「Black Star Dancing」

10. Rickie Lee Jones / Lonely People (2019)
Album「キックス」

11. Rosalia, J Balvin and El Guincho / Con altura (2019)
Album「Con Altura」

12. Ella Mai / Gut Feeling (feat. H.E.R.) (2018)
Album「ELLA MAI」





Posted on 2019/05/26 Sun. 17:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0526

サンデー・ソングブック_2019年5月26日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


TOKYO FM 2019年5月26日(日)14:00~14:55 
「山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック」ON AIR LIST

2019年5月26日プレイリスト 「リクエスト特集」

1. 夏への扉 / 山下達郎"RIDE ON TIME" '80
2. LADY WILLPOWER / GARY PUCKETT & THE UNION GAP '68
3. SUCH A NIGHT / DR. JOHN '73
4. WITHOUT HER / BLOOD, SWEAT& TEARS "CHILD IS FATHER TO THE MAN" '68
5. THE DEVIL GUN / FRANKIE MILLER "HIGH LIFE" '74
6. SINCE I FELL FOR YOU / LAURA LEE "WEMEN'S LOVE RIGHTS" '72
7. EARLY MORNING HUSH /B.J.THOMAS "SONGS" '73
8. ROUTE 66 / CHUCK BERRY "NEW JUKE BOX HITS" '61
9. 俺の空 / 山下達郎 "レイ・オブ・ホープ" '11




Posted on 2019/05/26 Sun. 14:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

Honmoku Red Hot Street_2019年5月25日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


FM Yokohama 2019年5月25日(土) 23:00~24:00 
「クレイジーケンバンドラジオショウ Honmoku Red Hot Street」ON AIR LIST


23:00:00 アメ車と夜と本牧と CRAZY KEN BAND
23:00:54 Before I Let Go MAZE feat. Frankie Beverly
23:08:52 Monte Adentro Ry Cooder, Manuel Galban
23:15:00 Flaminio Zagato Sam Paglia
23:18:27 夜明け クレイジーケンバンド
23:19:05 愛の朝焼け 石川晶
23:22:43 Cha Cha Cha Cantato Piero Piccioni
23:26:02 サンシャイン 神崎 まき
23:30:36 SUNSHINE 888 クレイジーケンバンド
23:33:40 トゥー マッチ モンキー ビジネス CHUCK BERRY
23:38:41 MY HOME TOWN SKA 9
23:41:19 DEEP INTO SUNSHINE FEAT. N'DEA DAVENPORT SHUYA OKINO OF KYOTO JAZZ MASSIVE
23:46:07 Blacks & blues Bobbi Humphrey
23:49:04 We Out Here OZI
23:55:06 Everybody Loves Sunshine Seu Jorge And Almaz







Posted on 2019/05/25 Sat. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

やさしい夜遊び_2019年5月25日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


TOKYO FM 2019年5月25日(土) 23:00~23:55 
「 桑田佳祐のやさしい夜遊び」ON AIR LIST

5/25は、斎藤誠&Tiger サポメンコンビが送るサザンオールスターズ特集!

23:45  はっぴいえんど サザンオールスターズ
23:33  別れ話は最後に サザンオールスターズ
23:26  1999 プリンス
23:18  ワイングラスに消えた恋 サザンオールスターズ
23:09  ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW D)





Posted on 2019/05/25 Sat. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

Kenrocks Nite - Ver. 2_2019年5月25日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


Inter FM 2019年5月25日(土) 22:00~23:00 
「Kenrocks Nite - Ver. 2」ON AIR LIST


2019.05.25 / 22:55 SIXTEEN TONS/TENNESSEE ERNIE FORD
2019.05.25 / 22:49 BOSS/THE RUMBLERS
2019.05.25 / 22:47 I DON'T NEED YOU NO MORE/THE RUMBLERS
2019.05.25 / 22:40 HEY CONDUCTOR/SONNY FLAHARTY AND THE MARK V
2019.05.25 / 22:36 THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FOR ME/THE TOKYO LOCALS
2019.05.25 / 22:27 AND I DO JUST WHAT I WANT/JAMES BROWN
2019.05.25 / 22:25 MY BABE/LITTLE WALTER
2019.05.25 / 22:14 ONE MORE LOVE/THE TOKYO LOCALS
2019.05.25 / 22:04 SHAKE YOUR HIPS/THE TOKYO LOCALS




Posted on 2019/05/25 Sat. 22:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top