【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0602

ワールドロックナウ_2017年6月2日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


NHK FM 2017年6月2日(金) 23:00~00:00 
「ワールドロックナウ」ON AIR LIST

2017/6/2 [新譜紹介]

1. Linkin Park / Sorry for Now
2. Linkin Park / Good Goodbye (feat. Pusha T and Stormzy)
Album「One More Light」

3. Kendrick Lamar / Yah
4. Kendrick Lamar / Feel
5. Kendrick Lamar / Pride
Album「Damn」

6. Soundgarden / Black Hole Sun (1994)
Album「Superunknown」

7. Norah Jones / Chasing Pirates (2009)
Album「Fall」

8. Paul Weller / Satellite Kid
9. Paul Weller / Woo Se Mama
10. Paul Weller / Long Long Road
Album「A Kind Revolution」

11. Thundercat / Show You the Way (feat. Michael McDonald and Kenny Loggins) (2017)
Album「Drunk」







スポンサーサイト

Posted on 2017/06/02 Fri. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0602

魅惑のセブンの世界・・・ その35  


毎度おなじみ、「魅惑のセブンの世界」のコーナーです!




今回は、戦友「キリヤマ&クラタ」のコンビが再び登場するこの回!



ウルトラセブン第35話「月世界の戦慄」

seven_no35_01.jpg

<制作データ>
放映日:1968年(昭和43年)6月2日
制作第36話
脚本:市川森一
監督:鈴木俊継
特殊技術:高野宏一



<あらすじ>

地球防衛軍月面基地がある夜、突如大爆発を起こした。
seven_no35_02.jpg
原因は不明である。


宇宙ステーションV3。
宙に浮いたポットが誰の手も借りないで、カップにコーヒーを注いでいる。
seven_no35_03.jpg
「遠隔指示器としては最も小さいものですが、これの放つ超音波は10万キロの範囲まで到達可能です」(シラハマ)

満足そうに、コーヒーを飲むクラタ。

するとクラタ隊長に通信が・・・
「なに、月で…」(クラタ)
たちまち表情の曇るクラタ。


「月世界基地、突然の爆発事故をキャッチした地球防衛軍では、キリヤマ隊長とダン隊員を調査に向かわせた」(浦野光)



ホーク1号とV3の共同現地調査が始まった。
「ホーク1号、応答願います…」(クラタ)
seven_no35_04.jpg
「こちらホーク1号。…クラタ、しばらくだなぁ」(キリヤマ)
「ああ、一緒に宇宙に出るのは3年ぶりじゃないか」(クラタ)
「そうだなぁ…。そうだ、あれはヘルメス惑星のザンパ星人を全滅させた…、あれ以来だな…」(キリヤマ)
「あの時の戦いに比べりゃあ、楽な仕事だ」(クラタ)

久しぶりに再会できる嬉しさを隠し切れない二人。

旧交を温める会話の横で、遠隔指示器を操作するシラハマ。
シラハマの操作で、ホーク1号の機器が動かされていく…。
seven_no35_05.jpg


ホーク1号。キリヤマ隊長の様子がおかしい…。
「胸が、変な具合に苦しいんだ…」(キリヤマ)
「薬を持ってきます」(ダン)

気休めにタバコをくわえ、一服しようとするキリヤマ隊長…。
←胸が苦しかったら、タバコなんて吸うな!(笑)
seven_no35_06.jpg
ライターを点火すると、もの凄い勢いで炎が出る。
「酸素だ…、酸素が流れすぎだ…」(キリヤマ)

遠隔操作を受けた計器は、レッドランプが異常に点灯している。
「空気調節器が…、早く酸素の排出を止めるんだ」(キリヤマ)
seven_no35_07.jpg
(変だ…さっき確認したばっかりなのに…)(ダン)

今度は機体全体を激しいゆれが襲った…。
「ダン…、方向コントロールが狂っている!」(キリヤマ)
懸命に復旧する二人。
「…ダン…お前、まさか…」(キリヤマ)
「隊長…僕は…」(ダン)
「ほかの部分も、もう一度よく点検するんだ!」(キリヤマ)

ゆれが止まった…。
ホーク1号は宇宙空間で停止してしまったのだ…。
seven_no35_08.jpg
「隊長、加速管が故障です!」(ダン)

「…作戦室応答願います、作戦室!…」(ダン)

しかし、通信機も故障しているようだ…。

「よし!補助ロケットで進もう」(キリヤマ)


通信途絶に緊張する作戦室。ステーション・ホークに連絡。
「クラタ隊長。キリヤマ隊長との通信が切れたんです」(ソガ)
「そうか…、しかし時間がない…先に現場に行く。連絡を待ってくれ」(クラタ)
「どうしたんでしょう」(シラハマ)
「…キリヤマのことだ、何とか来るだろう…」(クラタ)

先に、月に向かうクラタ。


その頃、ホーク1号も月の引力圏に達した。
seven_no35_09.jpg

「超音波を逆探知しました。こいつが通信を妨害しています」(ダン)
「発信元はどこだ?」(キリヤマ)
「クラタ隊長のステーション・ホーク機内から流されています」(ダン)
「クラタの?」(キリヤマ)

顔を見合わせる2人。


キリヤマチームの到着を待たずに、一足先に調査を開始したクラタとシラハマ。
廃墟を捜索するクラタの背後から酸素管を引き抜こうと手を伸ばすシラハマ…。
seven_no35_10.jpg
間一髪、背中に伸びる手の影に気付いたクラタは、身体をよじってかわす。
「何のまねだ?」(クラタ)

クラタに襲いかかるシラハマ…、揉み合う2人。クラタの投げでシラハマは転倒する。
動かない…。我に帰ったクラタは、シラハマのもとへ。
すると、転倒の衝撃で酸素管が抜けているではないか…。
「おい、シラハマ!」(クラタ)
seven_no35_11.jpg

目を閉じていたシラハマが、高らかな笑い声とともに、急に起き上がる。
「シラハマなら、もう2日前に死んでいるよ」(シラハマ)
「…なにぃ…」(クラタ)
「安心しろ、私が人間だったら、お前は殺人者だ」(シラハマ)

seven_no35_12.jpg
「3年前、お前とキリヤマのコンビに撃墜された、宇宙艦隊の生き残りといえば、思い出すだろう…」(シラハマ)
「3年前、ヘルメス惑星の宇宙船団…。貴様は?」(クラタ)
「お前とキリヤマが組む機会を待っていたんだ!」(シラハマ)
「復讐か…。だったら、なぜもっと早く殺さなかった。機会はいくらでもあったはずだ」(クラタ)
「お前を消せば、あいつらのことだ。きっと私を疑うだろう…。用心されては、厄介だからな」(シラハマ)


その時、瓦礫の中を歩く、キリヤマ隊長とダンの姿が見えた。
「さりげなく振舞え。さもなくば、これで宇宙に放り出す」(シラハマ)
遠隔指示器を取り出すシラハマ。


再会を喜ぶキリヤマ隊長。
「キリヤマ、案外早かったな…」(クラタ)
その時、ダンは、クラタが丸腰なのに気づく。
そのうえ、シラハマは妙な機械を手にしているではないか…。
「隊長、ホークの故障の原因が、今わかりましたよ」(ダン)
「ハッハッ…、私にもわかったよ」(キリヤマ)

シラハマに銃を向けるキリヤマ隊長とダン。
seven_no35_13.jpg
「ハッハッ…、さあ、手を挙げてもらいましょうか」(キリヤマ)


シラハマは正体を現わして、ザンパ星人の姿になる。
seven_no35_14.jpg
しかし、ダンのレーザー砲であっけなくやられる。

そこに振動が…地面が揺れている


外に出た3人の目前に怪物が…。
「おい、あれは?」(キリヤマ)
seven_no35_15.jpg
ペテロの登場である。
「あいつだ、あいつが基地を…」(クラタ)

「生きていたら、また逢おうぜ!」(クラタ)
「よし!」(キリヤマ)

右手でハイタッチ、左右に分かれる二人。


ホークに向かうペテロの前に、セブンが登場。
しかし、軟体生物のようなぺテロの体には、打撃系攻撃は通用しない。
逆に、液体を浴びせられるセブン。
seven_no35_16.jpg
そのうえ月には、夜が近づいていた…。月の夜は、零下180度の極寒である。
「無敵のウルトラセブンも零下180度の月の夜には敵わなかった」(浦野光)


その頃、地球では・・・。
夜空に美しく浮かび上がった月を見つめるアンヌ。
seven_no35_17.jpg
しかし、月は見る見るうちに雲にかき消されていく…。
そして、アンヌの表情も険しいままだ。


苦戦の続くセブン。倒れこんで、もがくセブン…。
seven_no35_18.jpg


その時だった、闇夜に閃光が。
「隕石だ!」(クラタ)
月面に衝突した隕石は、大量の光と熱をセブンに提供した。
seven_no35_19.jpg
そこからエネルギーを得たセブンは、復活して大反撃。

seven_no35_20.jpg
決まり手:隕石エネルギー満タンのワイドショット。ペテロ爆死。


先に月から脱出したステーション・ホーク機上のクラタは、ホーク1号が続いてこないので落ち着かない。
意を決してUターンするクラタ…。
すると目の前から、ホーク1号が飛んでくる
seven_no35_21.jpg

「クラタさん、月に忘れ物ですか?…ハッハッハ…」(キリヤマ)
感謝をこめて、クラタ機に呼びかけた。
seven_no35_22.jpg

「やろぅ…」(クラタ)
seven_no35_23.jpg
からかわれても、親友の無事が嬉しいクラタ。



地上では、アンヌが月を見上げ続けていた。
seven_no35_24.jpg
「きっと、帰って来るわ…」(アンヌ)
月に祈るようにつぶやく、アンヌ…。
ダンの無事を信じようとしながら…。健気なアンヌでした。。。






<今週の宇宙人>
・復讐怪人:ザンパ星人

seven_no35_14.jpg
・身長:1m70㎝
・体重:65㎏
・出身:ヘルメス惑星
・特技:機械発明
・特徴:酸素があっても無くても大丈夫
・弱点:強くない、人間と同等
※沖縄の激戦地「残波(ざんぱ)岬」からのネーミングですが、今ではリゾートホテルも建っています。

・月怪獣:ペテロ
seven_no35_15.jpg
・身長:60m
・体重:7万t
・出身:月
・特技:冷水や冷気を吐く
・特徴:イソギンチャクのような軟体生物
・弱点:打撃系攻撃には強いが、あとは普通
※キリスト12使徒の一人「ペテロ」からのネーミングらしい。。。


<ロケ地>
・特になし(オールセットでの撮影)


<ゲスト出演者>
・シラハマ隊員&ザンパ星人:鶴賀二郎さん
seven_no35_12.jpg
後に、「刑事くん」や「特捜最前線」などに出演されました。

円谷作品では「怪奇大作戦 第9話:散歩する首」にて死者を蘇らせる研究をしたマッド・サイエンティスト、峰村役を怪演しています。
seven_no35_26.jpg


<撮影秘話>
・月面探索用の宇宙服、実はこの宇宙服も流用だったのでした。オリジナルは、東宝がゴジラ・シリーズの総決算として製作した「怪獣総進撃」(68年8月公開)に使用されたものです。また、「怪獣総進撃」には、アンドロイドゼロワンの小林夕岐子さん、ツチダ博士の土屋嘉男さんらが、主役クラスで出演されています。




以上、「魅惑のセブンの世界 その35」でした!




次回もお楽しみに!


(C)円谷プロダクション






Posted on 2017/06/02 Fri. 19:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top