【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0331

ワールドロックナウ_2017年3月31日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


NHK FM 2017年3月31日(金) 23:00~00:00 
「ワールドロックナウ」ON AIR LIST

2017/3/31 ウーマンロック [月末リクエスト]

1. PJ Harvey / The Community of Hope (2016)
Album「Hope Six Demolition Pr」

2. M.I.A. / Meds and Feds (2010)
Album「M A Y A」

3. Paramore / Ain't It Fun (2013)
Album「Paramore」

4. Pink / Numb (2001)
Album「Missundaztood」

5. Hole / Doll Parts (1994)
Album「Live Through This」

6. The Carpenters / Help (1970)
Album「Close to You」

7. Lana Del Rey / Love (2017)
Album「Love Love」

8. Florence and the Machine / What Kind of Man (2015)
Album「How Big, How Blue, How Beautiful」

9. Rihanna / Love on the Brain (2016)
Album「Anti」

10. Joni Mitchell / A Case of You (1971)
Album「Blue」

11. Calvin Harris / Slide (2017)
Album「スライド feat. フランク・オーシャン & ミーゴス スライド feat. フランク・オーシャン & ミーゴス」

12. Robert Glasper / Good Morning (2015)
Album「Covered」





スポンサーサイト

Posted on 2017/03/31 Fri. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0331

魅惑のセブンの世界・・・ その26  


毎度おなじみ、「魅惑のセブンの世界」のコーナーです!



今回は、子供向け番組なのに「地球ナショナリズム」がテーマというこの作品!


ウルトラセブン第26話「超兵器R1号」

seven_no26_01.jpg

<制作データ>
放映日:1968年(昭和43年)3月31日
制作第26話
脚本:若槻文三
監督:鈴木俊継
特殊技術:的場徹



<あらすじ>

「地球防衛国際委員会のセガワ博士、宇宙生物学の第一人者マエノ博士らをメインスタッフとして、この防衛軍基地内の秘密工場で、今、恐怖の破壊兵器が完成しようとしていた。それは惑星攻撃用の超兵器R1号である」(浦野光)
seven_no26_02.jpg

作戦室、惑星攻撃用超兵器「R1号」の図面を前に盛り上がる一同。
「ダン、これで地球の防衛は完璧だなぁ…地球を侵略しようとする惑星なんか、ボタンひとつで木っ端微塵だぁ!」(フルハシ)
はしゃぐフルハシたちを尻目に、うかない表情のダン。


廊下を歩くフルハシとダン。
ダン、思いつめたような表情で、フルハシに詰め寄る。
「フルハシ隊員!地球を守るためなら、何をしてもいいのですか…」(ダン)
「えっ…」(フルハシ)
思わぬ質問に絶句するフルハシ。
実験の中止を求めて参謀室に行こうとするダン。
地球を守るためには超兵器が必要だと説得するフルハシ。
「侵略者は、もっと強烈な破壊兵器を作りますよ!」(ダン)
「我々は、それよりも強力な兵器をまた作ればいいじゃないか!」(フルハシ)

seven_no26_05.jpg
フルハシの言葉に、目を背けるダン。
「…それは、血を吐きながら続ける…、悲しいマラソンですよ」(ダン)


参謀室。タケナカ参謀、キリヤマ隊長と「R1号」開発チームのマエノ博士セガワ博士
実験場として「ギエロン星」を選んだ。地球への影響は全くなく、生物もいないことが選択理由だそうだ。

「実験が成功すれば、ギエロン星は宇宙から姿を消すでしょう…」(マエノ博士)
seven_no26_07.jpg
←かわいい顔して言うことは恐い。。。


実験は開始された。ギエロン星に向けて飛び立つR1号。
seven_no26_08.jpg
順調に飛行、そして衝突。爆発するギエロン星…。
「大成功です。ギエロン星は完全に粉砕されました」(宇宙観測艇8号)
「信じられない破壊力だ。これでR2号が完成すれば地球の防衛は完璧だ」(タケナカ参謀)

喜びにわく作戦室をよそに、ひとり作戦室を出るダン。
「ダン、どこに行くの?」(アンヌ)
「宇宙パトロールの時間だよ」(ダン)

吐きすてるように言い放ち、発射場へ向かうダン。


その時、作戦室では異変が生じていた。
「こちら宇宙観測艇8号、こちら宇宙観測艇8号。緊急情報、緊急情報!ギエロン星から、ギエロン星から攻撃を受け……」(宇宙観測艇8号)・・・宇宙観測艇8号からの通信が途絶えた。。。
「…攻撃?そう言ったな今?」(タケナカ参謀)
「そんなバカなことありません。ギエロン星には生物は住んではいません」(マエノ博士)


すると、ギエロン星のあった方角から地球に向かって飛来する飛行物体をキャッチ。
宇宙パトロール中のホーク1号へ連絡。

やがて、巨大な鳥のような飛行物体を発見。
seven_no26_11.jpg
「ホーク1号より作戦室へ。発見しました。生物です。巨大な!」(ダン)
「なにぃ。生物…、生物だって?」(キリヤマ)
「そんなバカな!」(マエノ博士)

「・・・アタクシの責任です。ギエロン星を実験場に選んだのは、アタクシです…」(マエノ博士)
「私たち全員も賛成した。あなたひとりの責任じゃない」(セガワ博士)
「でも…」(マエノ博士)


悩む科学者を尻目に、新型ミサイルを取り付けたホーク3号で出動するソガとアマギ。



廃墟のような地上に降り立ったギエロン星獣。
seven_no26_14.jpg

ホーク3号から新型ミサイルがギエロン星獣に爆弾倉から投下された。。。
seven_no26_15.jpg
←ミサイルなのに、なぜ落下??(笑)

直撃弾を受けたギエロン星獣は、木っ端微塵に粉砕された。



作戦室。
seven_no26_17.jpg
「隊長、被害を最小限度に食い止めることができて、何よりだった」(タケナカ参謀)
「いやぁ、これからもどんな強力な侵略者が来るかもわからん。一日も早くR2号を完成させなきゃ…。理論的にはさらに強力な超兵器、R3号、R4号の製造も可能だ…」(セガワ博士)
←マッド・サイエンティスト…。


しかし、ヤツは死んでいなかった。夜中、砕け散ったギエロン星獣の破片が動き出し、アメーバ状になって集まってくる。やがて固形化し、元の身体を再生し始めた。
seven_no26_19.jpg


非常警報が鳴り響く作戦室。
「隊長、ギエロン星獣が東京に侵入します」(勝部通信隊員)
ホーク1号と3号が大型ミサイルで執拗に攻撃するが、復活したギエロン星獣の皮膚は固く、まったく通用しない。黄色いガスを吐き散らすギエロン星獣。ガイガーカウンターの針が狂ったように揺れ動く。
seven_no26_21.jpg


作戦室。
「セガワさん、エライことになった。R1号の放射能で、東京が危険です」(タケナカ参謀)
またもや悩む科学者達。しびれを切らしたキリヤマ隊長。
「風に乗って、放射能の灰は広がっています。東京が危険です!…警報を出してください!」(キリヤマ)
こんな状況でも、さらに強力な超兵器R2号を提案するセガワ博士。
「でもR2号を使って、さらに巨大な生物に変化したら…」(マエノ博士)
「マエノ君、このままでも東京は危険なのだ。私はR2号の破壊力に賭けてみたい…。時間が欲しい…R2号させ完成すれば…」(セガワ博士)
 ←懲りない、マッド・サイエンティスト…。


一方、全力で挑むウルトラ警備隊。しかし、ギエロン星獣の反撃で不時着する被弾するホーク1号。
地上に降りたダンは、セブンに変身する。←お約束ですね(笑)

セブンとギエロン星獣の格闘は、星獣が降り立った夜の不気味な光景から一転して、花が咲き河の流れる美しい田園風景。
seven_no26_25.jpg

アイ・スラッガーも効かないボディに苦戦するセブン。
ギエロン星獣の懐に飛び込み、片翼を力づくで引き千切る。切れ目からは大量の羽毛が花畑を覆う。
seven_no26_26.jpg

そして、アイ・スラッガーをナイフのように使い、ギエロン星獣の喉元を掻き切る。
seven_no26_27.jpg
切り口からは、黄色い血のようなものが霧状に噴出し、ギエロン星獣は息絶える。



戦いは終わった、しかし、科学者達の苦悩はまだ続く。
「タケナカ参謀、アタクシはどうしても、あのギエロン星獣を憎むことはできません。R1号の爆発のショックで、あんな恐ろしい宇宙怪獣になったけど、本当は美しい星ギエロンに住む平和な生物だったのかもしれません」(マエノ博士)
seven_no26_29.jpg

参謀室に入ってきたキリヤマ隊長。
「放射能の汚染地域は完全に閉鎖しました。ダン隊員だけが多量の放射能を浴びておりましたんで、今消毒して、メデイカルセンターで休ませています」(キリヤマ)←放射線浴びたのに「消毒」って・・・!

「そういえば、ダンがしきりにウワ言をいったんです。血を吐きながら続けるマラソンだと…」(キリヤマ)
「ダン隊員がそんなことを…」(マエノ博士)



メディカルセンター。暗い表情のダン。
そこにやって来たタケナカ参謀とマエノ博士。
参謀にお願いしようとするダン。それを制して・・
seven_no26_31.jpg
「私は今から委員会に出席するが、R2号の製造を直ちに中止するように提案してみよう」(タケナカ参謀)
「私も他の委員を説得するわ」(マエノ博士)

それを聞いて、喜ぶダン。
「ありがとうございます」(ダン)


ひとりになったダンは、ふと傍らのリスに目をやった。
小さなカゴの回転車で、リスは何も疑わずに走り続ける…。
seven_no26_33.jpg
そう、まるで終わりのないマラソンのように…。





<今週の宇宙人>
・再生怪獣:ギエロン星獣

seven_no26_28.jpg
・身長:50m
・体重:3万5千t
・出身:ギエロン星
・武器:スパーク光輪、放射能ガス
・特技:木っ端微塵からもアメーバ状で再生できる


<ロケ地>
・特になし(オールセットでの収録)


<ゲスト出演者>
seven_no26_03.jpg
・マエノ博士:田村奈己さん
ひし美ゆり子の東宝の先輩である田村さんは、浜美枝、星由里子の三人で「東宝スリーペット」として売り出され人気を博しました。円谷作品では、ウルトラQ 第5話「ペギラが来た!」、ウルトラマン 第35話「怪獣墓場」、怪奇大作戦 第8話「光る通り魔」などに出演されています。

・セガワ博士:向井淳一郎さん
東宝の専属俳優で東宝特撮や稲垣浩監督映画を始め、ジャンルを問わず、多くの作品に出演されました。



<撮影秘話>
・放送当時は米ソ冷戦時代の真っただ中。
 米ソでくりひろげられていた軍拡競争へのアンチテーゼだったのでしょう。

・今回のような「地球ナショナリズム」問題を扱った作品は他にも・・・

 第6話「ダークゾーン」(脚本:若槻文三)
 地球を守るために、推進機関が故障して衝突軌道に入ったペガッサシティを破壊。
 ペガッサ人は、地球にひとりを残して滅亡。

 第14・15話「ウルトラ警備隊西へ」(脚本:金城哲夫)
 ペダン星に向けて打ち上げられた地球防衛軍の観測ロケットを
 ペダン星人は地球からの侵略と判断して報復にやってくる。

 第16話「闇に光る目」(脚本:藤川桂介)
 探査ロケットを侵略ロケットと判断してやってくる。
 地球人の説得では信用しないが、セブンの言葉を信じて星に帰った。

 第17話「地底GO!GO!GO!」(脚本:金城哲夫)
 侵略するでもなく、正体もわからない地底都市とロボットを一方的に破壊。

 第41話「ノンマルトの使者」(脚本:金城哲夫)
 地球の先住人ノンマルトとの対決。
 地球防衛軍は、ノンマルトを侵略宇宙人と判断。
 海中都市を攻撃して壊滅させた。


・・・とても子供向けとは思えない、社会派のドラマです(笑)






以上、「魅惑のセブンの世界 その26」でした!




次回もお楽しみに!









Posted on 2017/03/31 Fri. 19:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0330

Kenrocks Nite - Ver. 2_2017年3月30日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


Inter FM 2017年3月30日(木) 23:00~24:00 
「Kenrocks Nite - Ver. 2」ON AIR LIST


<大貫憲章コーナー>
3/30 O.A. 生放送!
日本のR&Rの大番頭ともいうべきバンド、今年で20周年の節目を迎えた“THE NEATBEATS”をゲストにお迎えしてお届けします!

<The Rumble>
“Ramones”

23:02 "TWISTIN' TIME WITH YOU" THE NEATBEATS
23:12 "SWEET CHERRY PIE" THE NEATBEATS
23:20 "ALLIGATOR TWIST" THE KAISERS
23:22 "CAVERN STOMP" THE BIG THREE
23:24 "(DO THE) MASHED POTATOES" THE UNDERTAKERS
23:32 "あしたが来なけりゃいい" THE NEATBEATS
23:34 "黒いジャンパー" THE NEATBEATS
23:46 "SUZY IS A HEADBANGER(LIVE VER.)" RAMONES
23:48 "LET'S DANCE(LIVEVER.)" RAMONES
23:49 "BEAT ON THE BRAT(ST.LIVE)" RAMONES
23:51 "NOW I WANNA SNIFF SOME GLUE(LIVE VER.)" RAMONES
23:53 "WE'RE A HAPPY FAMILY(LIVE VER.)" RAMONES
23:55 "BEAT ON THE BRAT" RAMONES






Posted on 2017/03/30 Thu. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0330

【今日の一曲】「Rocket 88」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!


最近ご無沙汰しておりましたこのコーナー。。。


チャック・ベリーが亡くなる少し前、この偉大なブルースハープの巨人がこの世を去りました。。。


「Rocket 88」by James Cotton

<James Cotton - Rocket 88>



「ロケット88」のオリジナルは、アイク・ターナー&ジャッキー・ブレンストン(作曲の名義はブレンストン)によるもの。



ブルーズ大好きなピーター・バラカンのラジオでも追悼の意味でオンエアされてました。

何を隠そうジェームス・コットンを知ったのは、その昔バラカン氏がTBSにてVJをやっていた伝説の音楽番組「ポッパーズMTV」でオンエアされたこの曲を聴いてからでした。

バラカン氏も初めてこの曲を聴いた時、衝撃が走ったそうですが、私も同様でした。。。。



改めて合掌。。。





以上、【今日の一曲】のコーナーでした!





Posted on 2017/03/30 Thu. 18:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

0330

Best Hit USA_2017年3月30日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


NACK52017年3月30日(木) 00:00~01:00
「小林克也 Best Hit USA」ON AIR LIST


00:00 Stay ZEDD & ALESSIA CARA
00:03 Something Just Like This THE CHAINSMOKERS & COLDPLAY
00:05 Everyday ARIANA GRANDE feat. FUTURE
00:07 Million Reasons LADY GAGA
00:09 Issues JULIA MICHAELS
00:11 Cold MAROON 5 feat. FUTURE
00:21 It Ain't Me KYGO X SELENA GOMEZ
00:24 Don't Wanna Know MAROON 5 feat. KENDRICK LAMAR
00:26 Down MARIAN HILL
00:28 Scars To Your Beautiful ALESSIA CARA
00:30 Chained To The Rhythm KATY PERRY feat. SKIP MARLEY
00:33 Rockabye CLEAN BANDIT feat. SEAN PAUL & ANNE-MARIE
00:35 Happy PHARRELL WILLIAMS
00:38 Bad Things MACHINE GUN KELLY X CAMILA CABELLO
00:40 That's What I Like BRUNO MARS
00:42 Mercy SHAWN MENDES
00:44 Paris THE CHAINSMOKERS
00:46 I Feel It Coming THE WEEKND feat. DAFT PUNK
00:49 Love On The Brain RIHANNA
00:50 I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) ZAYN / TAYLOR SWIFT
00:55 Shape Of You ED SHEERAN




Posted on 2017/03/30 Thu. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

0329

【オモシロCM】”♪新鮮激ヤスゥ~~~”  


前回のこの記事で紹介しましたが、TVやラジオなどオモシロCMをピックアップしてご紹介する新コーナー、【オモシロCM】の時間です!




今回は、私が昔から気になっていた地元で有名なスーパーのテーマソングです!

<ビッグヨーサン ラジオCM 1990年代>



簡単に「ビッグヨーサン」についてご紹介すると・・・
”神奈川県中部と東京都多摩南部を中心に10店舗をチェーン展開しているスーパー。1981年創業、本社は東京都町田市。”
http://www.bigyosun.com/



利用していたのは港北ニュータウン店なのだが、現在改装中で今年の秋に新装開店の予定。


なんといっても特徴的なのが、”♪新鮮激ヤスゥ~~~”のフレーズの、演歌歌手なみの「コブシ回し」です(笑)。

この他、独特のベースラインや、サビの女性コーラスなど、一度聴いたら耳から離れなくなるタイプの曲です。



上の動画は1990年代に放送していたラジオCMの音源らしいが、現在店内で流れているアレンジとちょっと違ってるかな?

CDとか正式な音源はないのだろうか?気になる・・・





以上、【オモシロCM】のコーナーでした!






Posted on 2017/03/29 Wed. 18:50 [edit]

CM: 0
TB: 0

0328

【特選アルバムライブラリ】The Jam「Dig The New Breed」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。



今回は「J」のアーティストの第一弾。



イニシャル「J」のアーティスト、バンドは結構あるので悩みましたが。。。

やはりこのバンドが最初でしょう!「モッドファーザー」ポール・ウェラー率いるこのバンド!



The Jam「Dig The New Breed」

jam_dig_pic.jpg

<収録曲>
1.In the City
2.All Mod Cons
3.To Be Someone (Didn't We Have A Nice Time)
4.It's Too Bad
5.Start!
6.Big Bird
7.Set The House Ablaze
8.Ghosts
9.Standards
10.In The Crowd
11.Going Underground
12.Dreams Of Children
13.That's Entertainment
14.Private Hell


The Jamとしての初ライブアルバム、そして最後のアルバムとなるこの「Dig The New Breed」は、1982年12月にポール・ウェラーから解散が発表され、その直前には最後のシングル「Beat Surrender」がリリース。そして活動を締め括る最後のかたちとして、この14曲入りのライブアルバムが届けられた。


私がThe Jamのアルバムとして初めて聴いたのがこのアルバム、NHK FM「サウンドストリート」でのオンエアであった。

1曲目の「In the City」を聴いた時、衝撃を受けた。これは1977年のロンドン「100 Club」でのライブだそうだ。なるほど、勢いがある頃だからなぁ~。

今回取り上げるにあたって調べてみたら、1977年から1982年にイングランドとスコットランドの6箇所で行われたライブから選ばれた音源で、あるライブステージをまるまる再現したようなつくりではなかった(てっきり解散ライブでの音源かと思ってた。。。)しかし、あまり年代を感じさせないライブアクトだと思う。


以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!




Posted on 2017/03/28 Tue. 18:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

0327

怪獣の世界・・・14ページ目  


私が小学生の頃に集めていた貴重なコレクション、
『ワールドスタンプブック 怪獣の世界』のご紹介!




14ページ目、「たちまちに氷の世界」

kaijyu_zukan_14.jpg

このページに掲載の怪獣は以下です。

122.アイスロン
123.ギガス
124.グロテス星人
125.ガンダー
126.グロスト
127.スノーゴン
128.バルダック星人
129.スノーギラン
130.フブキラン



この中で個人的に思い出深いのは・・・

123.ギガス
125.ガンダー


・・・ですかね。


「ガンダー」は何しろ、地球防衛軍極東基地を、南極より寒い「零下140度!」にした怪獣ですからね。。。








以上、「怪獣の世界・・・」のコーナーでした!



まだまだ続きます!





Posted on 2017/03/27 Mon. 20:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0327

久々にデザイン変えました!(2017年3月度)  


最近ずっと同じデザインだったので変えてみました。
※以前変えたのは2016年6月度・・・9か月ぶりです。。。



またまた訃報絡みですが、偉大なロックンローラーですから、敬意を表して。。。


偉大なるギター・ヒーロー『Chuck Berry』です!

chuck_title.jpg



次はどんなデザインが飛び出すか?

乞うご期待!!


Posted on 2017/03/27 Mon. 18:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

0326

サンデー・ソングブック_2017年3月26日【ON AIR LIST】  


毎度おなじみ、【ON AIR LIST】のコーナーです。


TOKYO FM 2017年3月26日(日) 14:00~14:55 
「山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック」ON AIR LIST

2017年03月26日は「棚からひとつかみ+リクエスト」

1. BE MY LOVE / 山下達郎 "SEASON'S GREETINGS" '93
2. HOW DO YOU DO IT / GERRY & THE PACEMAKERS '63
3. FLASHBACK / THE 5TH DIMENSION '73
4. MAGIC MONA / PHYLLIS HYMAN"THE FISH SAVED PITTSBURGH" '79
5. COUNT TO TEN / FRANKIE & THE SPINDLES '68
6. REBECCA / LONGBRANCH/PENNYWHISTLE"LONGBRANCH/PENNYWHISTLE" '70
7. PRADARIA / 宮里陽太"BLESSINGS" 3月15日発売
8. BE GOOD TO ME / PETULA CLARK '63
9. TONIGHT(COULD BE THE NIGHT) / THE VELVETS '61
10. FOREVER MINE / 増田貴久(NEWS) "NEVERLAND"3月22日発売



Posted on 2017/03/26 Sun. 14:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top