【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0930

グラムロック?  



前回記事「Suede ? or SLADE ?」じゃないが、グラムロックで思い出した。



大学時代に所属していた某軽音楽サークルの先輩のFBで盛り上がった、昔ライブでやったという曲。

「スーパーロボット マッハバロン」のオープニング曲!


<スーパーロボット マッハバロン オープニング曲>
作詞:阿久悠/作編:井上忠夫/歌:すぎうらよしひろ



ものすごくカッコイイ!グラムロックだ!!

「マッハバロン」をご存じない方にために、簡単に紹介すると・・・
”1974年から1975年3月31日まで、日本テレビ系で放送された特撮巨大ロボットテレビ番組。”

こんなロボットだ!↓↓↓



どちらかというと、前作「スーパーロボット レッドバロン」の方が、私には記憶が残っているのだが、「マッハバロン」も見ていたはず(たしか「マッハバロン」のソフビ人形かなんか買ってもらった記憶が・・・)。

この曲も聴いているはずなのだが、当時10歳ぐらいなので、当然グラムロックなんか知らないし、あまりカッコイイとは思わなかったのだろう(笑)。


調べてみると、甲本ヒロトザ・コーツ時代にカバーしてたり、ROLLYもアルバム「GLAMOROUS ROLLY」にてカバーしているらしい。


ヒロトバージョンは見つからなかったので、ROLLYバージョンを!
※YouTubeにはなかったので、コチラから↓↓↓
http://www.dailymotion.com/video/x1mv87d_rolly-%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%B3-%E7%89%B9%E6%92%AEtv%E7%95%AA%E7%B5%84%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E6%AD%8C_music


ROLLYはまさにピッタリだね!


しかし、グラムというかこの手のロックンロールはいつ聴いても色あせないなぁ~

カッコイイ!!








スポンサーサイト

Posted on 2015/09/30 Wed. 18:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

0929

Suede ? or SLADE ?  



またまたラジオネタ。



先日、大貫憲章のラジオ聴いてたら、「スウェード(Suede)」「Metal Mickey」という曲が流れていた。

<Suede - Metal Mickey>


「スウェード(Suede)」とは・・・?
”1989年に結成された90年代ロンドン・グラムの代表バンド。ボーカルのブレット・アンダーソンとギターのバーナード・バトラーを中心に、デヴィッド・ボウイやザ・スミスらに影響を受けた耽美的な音楽性で、低迷を極めていた90年代のUKロックシーンに衝撃を与え、後のブリットポップのきっかけを作ったとも評価されている。”


名前は聞いたことあったが、ちゃんと曲を聴いたことがなかった。

バーナード・バトラーのギターがカッコイイ!

今度TSUTAYAで借りてみよう。





・・・ちなみに、「スレイド(SLADE)」というバンドもあったな。。。

”スレイド(SLADE)は、1966年にイギリスで結成されたロックバンド。1970年代にはグラムロックブームの一翼を担いつつヒット・チャートを席巻し、1980年代に入っても人気を得た。現在はハード・ロックバンドとしての評価もされている。”


名前も似てるし、どっちもグラムだ!(笑)


代表曲は、「Cum On Feel The Noize」。でもこの曲は、Quiet Riotによるメタルバージョンか、オアシスによるカバーの方が有名だろうな。。。

<Slade - Cum On Feel The Noize>


<Quiet Riot - Come On Feel The Noize>


<Oasis - Cum on Feel the Noize Live - >






Posted on 2015/09/29 Tue. 18:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

0928

レコスケくん  


こんなサイト見つけた!


「レコスケくん meets FRED PERRY」はイギリスのファッションブランドFRED PERRYとのコラボレーション漫画で、フレッドペリーの公式サイトにて公開されています。”
http://www.fredperry.jp/featured/recosuke/


この絵はたぶん、ザ・フーの5作目のアルバム「フーズ・ネクスト(Who's Next)」のパロディ(笑)



フレッドペリーとのコラボなので、フレッドペリーと相性?が良いミュージシャンやジャンルをネタにしている。

最初は「ブリットポップ編」「ブラー」ネタ。

この絵はブラーのセカンドアルバム「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ(Modern Life Is Rubbish)」のパロディ。
recosuke_03_02.jpg


・・・で、今は、これもフレッドペリーと所縁が深い「モッズ編」「The Who」


どれぐらいの頻度で更新されているのかわからないが、今は第7話まで進んでいる。

なかなか面白いので、たまに覗いてみるか。

しかし、フレッドペリーも変わったことやるね(笑)










Posted on 2015/09/28 Mon. 17:57 [edit]

CM: 0
TB: 0

0924

Hollywood Vampires  


またまたラジオネタ。


先週放送のNHK FM「ワールドロックナウ」を聴いていたら、「ハリウッド・ヴァンパイアーズ(Hollywood Vampires)」なるバンドが紹介されてた。


どうやら、アリス・クーパー、ジョニー・デップ、ジョー・ペリーらによるスーパー・グループらしい。

hollywood_vampires.jpg


簡単に解説
”ハリウッド・ヴァンパイアーズのデビュー・アルバム『Hollywood Vampires』の日本盤が、海外と同日の9月11日に発売。元々は70年代に伝説のロック・スターたちの飲み仲間集団に付けられたハリウッド・ヴァンパイアーズ。ロック界の怪人ことアリス・クーパーと超人気俳優でありながら卓越したギターテクニックを持つジョニー・デップ、そしてエアロスミスのギタリストであるジョー・ペリーが加わり現代に甦ったスーパー・グループ!アルバムには彼らと親交のある超ド級の豪華ミュージシャンらが参加して70年代のオリジナルのハリウッド・ヴァンパイアーズへのトリビュートを込めたロック・クラシックスのカバーと2曲のバンド・オリジナル楽曲、そして昨日亡くなったドラキュラを演じた俳優クリストファー・リーの最後の録音となったナレーションも収録!2015年9月にブラジルで行われる30万人規模の巨大フェス「Rock in Rio」での出演が既に決定しており、ジョー・ペリーはそれ以外にもライブをやる予定と語っている。”


しかし参加ミュージシャンがスゴイ!
ブライアン・ジョンソン(AC/DC)/デイヴ・グロール(フー・ファイターズ))/ジョー・ウォルシュ(イーグルス)/キップ・ウィンガー(ウィンガー)/オリアンティ/ポール・マッカートニー/ペリー・ファレル(ジェーンズ・アディクション)/ロビー・クリーガー(ドアーズ)/サー・クリストファー・リー/スラッシュ/ザック・スターキー(ザ・フー)等・・・


<日本盤Tracklist>

1 ザ・ラスト・ヴァンパイア(オリジナル曲)
2 レイズ・ザ・デッド (オリジナル曲)
3 マイ・ジェネレーション (ザ・フー)
4 胸いっぱいの愛を (レッド・ツェッペリン)
5 アイ・ガット・ア・ライン・オン・ユー(スピリット)
6 ファイヴ・トゥ・ワン/ブレイク・オン・スルー (ザ・ドアーズ)
7 ワン/ジャンプ・イントゥ・ザ・ファイアー (ニルソン)
8 カム・アンド・ゲット・イット (バッドフィンガー)
9 ジープスター(T・レックス)
10 コールド・ターキー(冷たい七面鳥)(ジョン・レノン)
11 アイム・ア・ボーイ(ザ・フー) *日本盤ボーナス・トラック
12 マニック・デプレッション (ジミ・ヘンドリックス)
13 イクチー・パーク (スモール・フェイセス)
14 スクールズ・アウト/アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール パート2 (アリス・クーパー)/(ピンク・フロイド)
15 マイ・デッド・ドランク・フレンズ (オリジナル曲)



まさに、ロック・クラシックのおいしいところばかり!


基本はアリス・クーパーが歌ってるが、例えば「4 胸いっぱいの愛を (レッド・ツェッペリン)」なんかはブライアン・ジョンソンが「8 カム・アンド・ゲット・イット (バッドフィンガー)」はポール師匠が「6 ファイヴ・トゥ・ワン/ブレイク・オン・スルー (ザ・ドアーズ)」にはロビー・クリーガーがギターで参加、と所縁のあるミュージシャンが参加している。

アリス・クーパーの「スクールズ・アウト」フロイドの「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール パート2」が繋がっているのも面白い。どちらも学校とか教育をテーマにした曲だからね。

その他、詳細はコチラ参照↓↓↓
http://amass.jp/60477/
http://getnews.jp/archives/1147445




しかし、「カム・アンド・ゲット・イット」なんかポールがバッド・フィンガー用に作ったのに、それをカバーするとは、なんか変な感じだ・・・(笑)


ポールも元気だが、アリス・クーパーも元気でよかったよ・・・



Posted on 2015/09/24 Thu. 22:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

0923

Sunday Morning  


最近流れている「H&M」のCM。

なんと、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「Sunday Morning(日曜の朝)」です!

原曲ではなくカバーバージョンですが、歌唱者は現時点で不明とのこと。


釈迦に説法かもしれませんが・・・

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとは?
1964年、アメリカ・ニューヨークでギタリストのルー・リードらが結成したバンド。1996年にロックの殿堂入り。今回のCM曲はプロデュースを手がけた画家のアンディ・ウォーホルが描いたバナナのジャケットで知られるデビューアルバム「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」(1967年発表)に収録されている曲。



H&M Autumn 2015: Fall in Love
Velvet Underground - Sunday Morning



相変わらず、いい曲だ。。。




Posted on 2015/09/23 Wed. 10:50 [edit]

CM: 0
TB: 0

0916

またまたデザイン変えました!   


といっても、PCのテンプレートだけ。

タイトル画像は「名盤アルバムジャケット」風にしてみました。

あの名盤「LED ZEPPELIN Ⅱ」風です!
title_zp2.jpg








Posted on 2015/09/16 Wed. 17:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

0915

公開練習? @天王町ORANGE COUNTY BROTHERS  


先週の9月11日、我らが「ぼちぼちいこかバンド(仮称)」天王町ORANGE COUNTY BROTHERSにて公開練習を行いました。


・・・っていうか、ボーカルのセイさんが絡んでる「MLJ粗挽きセッション」なるオープンマイク&フリースタイルなジャムセッションに参加したのです。


天王町ORANGE COUNTY BROTHERSとは・・・?
1970年代最強のライヴバンドと称されたロッキン・カントリー・バンド「ORANGE COUNTY BROTHERS」のボーカル&ギターでリーダーでもある、飯田雄一氏のお店。

詳細はコチラをご参照↓↓↓
ホームページURL http://ocb.zouri.jp/ocb.html

※一応、上のURLがお店の正式なHPらしいですが、あまり情報載ってない。。。こちらの方がいいかも?
”天王町のORANGE COUNTY BROTHERSというBARがキニナル。”



150911_orange_02.jpg


まあ、フリーなセッションなので、他のお客さん達も演奏したり歌ったりできるので、ウチラだけのライブではなかったのですが・・・


なので、2曲しか出来ませんでした。。。

<セットリスト?>
・俺たちに明日はない(オリジナル・ザ・ディラン)
・Like a Rolling Stone(Bob Dylan)



フリーなセッションなので、特に写真も映像も撮ってません。
なので本人達の音源をドウゾ↓↓↓

<俺たちに明日は無い!/オリジナル・ザ・ディラン>



<Bob Dylan, Like a Rolling Stone>
https://vimeo.com/20289762
※何故かYouTubeには、皆さんがよく知っているスタジオ版の音源が上がっていない。。。




取りあえず、今回が初めての人前での演奏となりました。




そして次回は・・・・・・・・




ついに決定!

2015年12月19日(土)、場所は皆さんご存知の、あの「大倉山Muddy's」です!
※まだ3か月も先なので、Muddy'sのライブ予定には載ってませんが・・・


皆様のお越しをお待ち申し上げております!


・・・その前に、バンド名決めないと。。。(笑)





Posted on 2015/09/15 Tue. 19:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

0912

The Looters  


前回記事、【My Favorite Artists】番外編:「My Favorite Punk Bassist」 の時、「ポール・シムノン」を調べてたら、こんな映像見つけちゃいました





SEX PISTOLSとTHE CLASHの合体バンド、「The Looters」!
ボーカル:レイ・ウィンストン
ギター:スティーヴ・ジョーンズ
ドラムス:ポール・クック
ベース:ポール・シムノン


<「The Looters」  from the movie [Ladies and Gentlemen, The Fabulous Stains]>




実際はダイアン・レイン主演の映画「 Ladies & Gentlemen the Fabulous Stains」の中でのバンドです。
Fabulous_Stains.jpg

監督:ルー・アドラー
脚本:ロブ・モートン
出演:
 ダイアン・レイン
 レイ・ウィンストン
 ポール・シムノン
 スティーヴ・ジョーンズ
 ポール・クック
 ローラ・ダーン
 マリン・カンター
 バリー・フォード、他
制作年:1982年
上映時間:87分
製作国:アメリカ



ポール・シムノンはその頃はまだクラッシュ在籍、スティーヴ・ジョーンズとポール・クックはすでにピストルズはないので「プロフェッショナルズ」を組んでいた頃か?


ダイアン・レインといえば、「アウトサイダー」「ストリート・オブ・ファイヤー」などで有名な女優。

ボーカリスト役のレイ・ウィンストンは「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」などに出演してたらしい。


ストーリーを簡単に説明すると・・・

”病気で母親を亡くした姉妹とトレイラートラッシュの母を持つ従姉妹でバンド「ザ・ステインズ」を結成。ルックスが良いこともありとんとん拍子に人気バンドになるのですが、ある日、スティーヴ・ジョーンズたちのいる前座バンドの「ザ・ルーターズ」を観てパンクに覚醒。そしてザ・ルーターズのボーカリスト、ビリー(レイ・ウィンストン)と恋に落ち、ビリーはコリンのために曲を書きプレゼントします。その曲は大ヒット!ザ・ステインズは大人気バンドとなります。しかし・・・?”

という感じのロック青春映画です。


ダイアン・レインは当時まだ15歳。若い!



しかし、知らなかったなぁ~こんな映画があったとは。。。

米インディ・ロック系サイトでは、ベスト・パンク映画の1位になってるぐらいだから有名なのか・・・?
”「ベスト・パンク映画 TOP10」を米インディ・ロック系サイトが発表”
http://amass.jp/27715/









Posted on 2015/09/12 Sat. 00:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

0911

【My Favorite Artists】番外編:「My Favorite Punk Bassist」  


私の大好きなミュージシャン、アーティストをピックアップするコーナー
「My Favorite Artists」。

今回は、あるアーティスト、バンド単位ではなく、カテゴリー?で。
題して「My Favorite Punk Bassist」!



パンク・ロック・ベーシストと言えば、真っ先に思い出すのがこの人!
「シド・ヴィシャス (Sid Vicious)」!



sid_pic_01.jpg




だと思いますが・・・



私はこの人を押したい!
「ポール・シムノン(Paul Simonon)」!

clash_paul01.jpg


clsh_paul_02.jpg


シドがいわゆる「破滅型」の典型的なパンク・ロッカーだったとしたら、ポールは、「絵になる」「カッコイイ」パンク・ロック・ベーシストではないでしょうか?まあ、シドも、十分絵になるし、カッコイイんですけど。。。


細身で長身、ツンツン頭、革ジャンで決めたその姿は、いわゆる「パンクファッション」の典型ですが、ピストルズのジョニー、シドの「凶暴さ」「ゲテモノ感」が感じられない。
sid_pic_02.jpg


スマートなんですかね。

まあ、クラッシュ自体が、他のメンバーもスマートでクールでカッコイイんですが。どちらかというと、50年代とかのロックンローラーのテイストも入ってるんですよね、クラッシュは。ジョー・ストラマーはリーゼントだったし。
TheClash_photo01.jpg


※昔から思ってたのですが、ロンブーの亮はポール・シムノンに似ている(意識して似せた?)のではないかと・・・(笑)
london_boots.jpg



「ロンドン・コーリング」のこのアルバムジャケット写真でその名を不朽の物としましたね。
clash_london_calling.jpeg



ピストルズ、クラッシュときて、次に来るのは、ロンドン3大パンクバンドの・・・・

ではなくて、ストラングラーズのこの人!
「ジャン=ジャック・バーネル(Jean-Jacques Burnel)」!
Jean_pic_01.jpg

Jean_pic_03.jpg

Jean_pic_04.jpg


この人もルックスは典型的な「パンク・ロック・ベーシスト」ですよね。

上述2人はベーシストとして演奏能力はそんなに高くないですが(シドなんか殆ど素人だし、演奏中はラリッてたからね)、この人は幼いころからクラシックギターを学んでおり、確かな演奏技術を持っていたらしい。

何しろ音がスゴイ!大音量で腰の強いゴリゴリとしたサウンド、メロディアスなベースライン、曲によってはリードベースとみたいなこともやっていた。


他にもカッコイイ、パンク・ロック・ベーシストがいますが、私にとってこの3人がベスト3ですかね。
キャプテンセンシブルは最初はベースやってましたが、途中でギターに代わるし、そっちの方がウマいし。。。ブルース・フォクストンもプレイやスタイルはいいのだが、なんかちょっと垢ぬけない・・・というかパンクじゃないのか・・・




以上、「My Favorite Artists」のコーナーでした!




Posted on 2015/09/11 Fri. 00:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

0910

【速報!】iPhone 6s 発表!  


※音楽・サブカルネタではないですが、自分にとっては同じぐらい興味・関心がある、Appleネタで失礼します。。。



日本時間9月10日未明(2時ごろ)、米国サンフランシスコで、Apple Special Eventが開催され、新しいiPhoneシリーズを含む以下のコンテンツが発表された。



1)iPhone 6s/iPhone 6s Plus

2)iPad Pro

3)iPad mini 4

4)iOS 9

5)新Apple TV

6)Apple Watch Sportにゴールドとローズゴールドの新色登場

7)Watch OS 2

8)Apple Watchにエルメス登場

9)OS X El Capitan






個人的に関係するのは、まず、1)iPhone 6s。
iPhone6s_pic.jpg
iPhone 5sがもうすぐ2年になるので、機種変更予定。
128GBモデルで、色はゴールドかシルバー。
新しいカラーのローズゴールドはちょっと女子っぽいからなぁ・・・


予約開始が9月12日16時01分からって・・・・その日、予定あるのに。。。。

販売は9月25日からだ。



次に、3)iPad mini 4。
ipadmini4_pic.jpg

会社で使っているiPad mini がそろそろ替え時なので。
スペックも、iPad Air 2 並らしいので、良さそう。
※iPad Air 3 が出なかったのは残念。もしかすると11月にiPad Proと一緒に発売されたりして?

これも128GBのWi-Fi + Cellularモデルで、色はゴールドかシルバー。
これはもう販売されているらしい。



そして、今回の目玉である、2)iPad Pro。
ipadpro_pic.jpg

殆どリーク情報と同じだったね。

専用のスタイラスペン(Apple Pencil)カバーとキーボードの両方の機能を兼ね備えた「Smart Keyboard」も発表。

「Smart Keyboard」付けてると、まるで、某MS社のSu*fa**みたい(笑)。
ipadpro_kyey_pic.jpg


発売は11月を予定。




あとは、OS関連

4)iOS 9:9月16日より提供開始。
9)OS X El Capitan:10月1日リリースらしい。





残り
5)新Apple TV
6)Apple Watch Sportにゴールドとローズゴールドの新色登場
7)Watch OS 2
8)Apple Watchにエルメス登場

は、まあまだ関係ないかな。



しかし、新Apple TVは、久々のリニューアル。
appletv_pic.jpg

ゲーム機としての機能を強化したり、Netflixへの対抗策として、力の入れ具合が違う気がする。
(でも、なぜか4Kには未対応だそうです。。。。)




以上、駆け足でご紹介しました。


既にAppleサイトには情報上がってますので、詳細は以下からどうぞ!
http://www.apple.com/jp/





Posted on 2015/09/10 Thu. 12:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top