【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0621

無声子音・・・  


何やらこのブログには似合わない言葉がタイトルになってますが・・・


最近気になるCMがあるのです。




<スズキ SUZUKI ワゴンR CM 広瀬すず 「免許取るぞ」篇>



ご存じ、人気絶好調の若手女優「広瀬すず」が出演する「SUZUKI ワゴンR」のCM。

まだ10代ですが、当代きっての存在感、演技力、そして美貌・・・と3拍子揃った大人気女優さんです。

CMの題材も軽自動車No1メーカー、スズキの人気車種。




CMには何の問題はないのですが・・・・気になるのはCMのキャッチコピーでもあるこのセリフ。

「車が先か、免許が先か・・・」





CMを聞いてもらうと気づくと思いますが、「~先か」の[き]の部分、妙な発音になって聞き取りにくいんです。
なんだったら「~サギガ~」と濁って聞こえます


標準的な発音なら「さきか」の「き」は、はっきり発音しません。


これは言語学的には「母音の無声化」という現象らしい。

”母音「い」「う」が無声子音に挟まれたときや、文の最後に来たときに、母音「い」「う」の声帯の振動がなくなって、母音が聞こえにくくなることがあります。この現象を「母音の無声化」といいます。

日本語では、カ行音・サ行音・タ行音・ハ行音・パ行音の子音が無声子音です。母音が聞こえにくくなるのは、「き・く」、「し・す」、「ち・つ」、「ひ・ふ」、「ぴ・ぷ」の後ろにカ行音、サ行音、タ行音、ハ行音、パ行音が連続した場合です。

たとえば、 「すき(好き)」 「きく(聞く)」 「くさ(草)」 「つき(月)」 「した(下)」 などの単語の中の、無声子音に挟まれた母音は無声化して聞き取りにくくなります。また、これらの音が文末に来たときも無声化が起こりやすく、特に「〜です」の「す」、動詞の「〜ます」形の「す」は普通無声化します。”



ただし「母音の無声化」は地域性があり、東日本や九州の人は明瞭に無声化できるが、西日本の人は無声化が起こらないことが多いらしい。

大阪の人に「ネクタイ」「タクシー」「ビクター」という言葉を発音させると、「ク」をはっきりと発音してしまいます。それと同じ現象ですね。




では広瀬すずは関西人なのか?・・・・調べたところ、静岡出身らしいです。。。



では何故??・・・・たぶん単純に活舌が良くないんだと思います。



ネットでも同じような疑問が見つかりました。気になったのは私だけではないのですね。

このCMだけでなく、あるテレビ番組でも同じような発音でナレーションしていたらしく、気になって仕方ないという意見も見られました。




うまく発音できない、活舌が良くないというのは個人差もあるので仕方がないことでもありますが、でも、ボイストレーニングするとか、本人も含めてまわりのスタッフとか事務所がもう少し考えられなかったでしょうかね~。

女優さんなので声の仕事がメインではないと思いますが、活舌が良いのに越したことはないですからね。演技の幅も広がりますから。逆に若いうちに直せるのであれば直した方がいいと思いますが。。。




今回の無声子音にならないというのは、この娘に限らず、もしかしたら、最近の若い子によく見られる現象なのかもしれません。

最近の天気予報のお姉さんにも同様な傾向が見られます。「全国的(ぜんこくてき)に~」の「く」が無声化しません。まあ、もしかしたら関西出身なのかもしれないですが・・・・



言葉は時代と共に変わっていくものです。100年、200年前に今の標準語で喋っていたか?と問われるとそんなことはないので、変わっていって当然なのですが、時代のせいにするのにはちょっと乱暴かなぁ~と・・・





以上、長々と書いてしまいましてスイマセン。。。m(__)m。。。

最近の気になることでした。。。。。


スポンサーサイト

Posted on 2017/06/21 Wed. 19:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

甘~い?  


毎週、小林克也の「ベストヒットUSA」のラジオを聴いているのだが、最近どうも気になる曲がある。




「CALVIN HARRIS feat. FRANK OCEAN & MIGOS」による「Slide(スライド)」という曲だ。



「カルヴィン・ハリス」は、スコットランド出身のDJ、「フランク・オーシャン」はアメリカのR&Bシンガー、「ミーゴス」はアメリカのラップトリオ。それぞれ人気アーティストだそうだ。


・・・で、何が気になるかというと、曲の前半で連呼される「I Might」というフレーズ。


実際に聴いてもらいましょう。。。

<Calvin Harris - Slide (Audio Preview) ft. Frank Ocean & Migos>





この「I Might」というフレーズが、どうしてもこの言葉・・・いやコントを思い出しちゃいます(笑)。。。。


<スピードワゴン 甘い言葉>



ネットの記事とかTwitterなんかでも同じように思った人が沢山いるらしい。
どうしても日本人にはそう聞こえちゃいますよね(笑)。
”【甘いっ!】カルビンハリス、フランク・オーシャン、ミーゴスとの新曲“Slide”をリリース!”



・・・しかし、なんでこんなアレンジにしたのかね?

まあ日本人じゃないから「I Might」「甘い!」に聞こえるのは分らないと思うが、「I Might」の声がヘリウムガスを吸った時の声質なので、余計おかしく感じる・・・志村けんが叫んでいるようだ(笑)。

こういう風に声質を甲高くアレンジする(ボイスチェンジャー?)のは最近の流行りらしいが・・・・なんだかなぁ・・・www。



日本ではそう思われているなんて、多分本人たちは知る由もないでしょうね(笑)。



そのうち「空耳アワー」に登場することでしょう(笑)。








Posted on 2017/05/25 Thu. 12:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

0302

♪だめぇよ あなたぁ~・・・  


この記事の続きみたいなネタですが・・・





先日、山下達郎のラジオで「昼間の珍盤奇盤」なる特集があり、かかっていたこの曲が、またまた私の疑問を解いてくれました!



「ゆうわく(『オリーブの首飾り』日本語カヴァー)」



・歌(演奏):ローレン中野&和田弘とマヒナスターズ
・作詞:なかにし礼
・作曲:クロード・モーガン
・発売年:1976年


※なぜかYoutubeにローレン中野が歌う音源がないので、どこかの方がカバーした動画です。
<ローレン中野 ゆうわく>



原曲はポール・モーリアの演奏で有名な『オリーブの首飾り』。古き良きマジックショーでよく使われていた曲ですね。


「なかにし礼」が日本語詞をのせ、それを日系三世の「ローレン中野」「和田弘とマヒナスターズ」をバックに歌う曲だそうです。


私の疑問というのは、以前同じ会社で働いていたT澤さんという人が、ポール・モーリアの『オリーブの首飾り』を聴くたびに、一番印象的な冒頭の”♪タラララララ~・・・”の部分をなぜか、”♪だめぇよ あなたぁ~・・・”と歌ってたんですね。

インストの曲なのに、そんな歌詞だったかなぁ~?・・・といつも疑問に思いながら、でも、フレーズとその歌詞が妙にマッチしていて可笑しかったので、私も『オリーブの首飾り』を聴くとそう歌ってしまうぐらい刷り込まれてしまったのです(笑)




ラジオを聴いて、T澤さんの元ネタはこれだったんだ!と分かった次第でした。

多分、ヒットした曲なんだろうね。





そんでもってこの曲、『男女7人夏物語』の主題歌「CHA-CHA-CHA」でおなじみ、石井明美も日本語カバーを歌ってるのですが、何故か(当たり前かww)、歌詞が違うのです。作詞は同じ「なかにし礼」なのにね。

<石井明美  オリーブの首飾り>




サウンドはモロ80年代ですが、石井明美バージョンの歌詞の方が、まあ、マトモかな・・・(笑)。

しかし、なんであんな歌詞にしたんでしょうね〜?













Posted on 2017/03/02 Thu. 18:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

0301

♪ポポーポ、ポポポ~・・・  


先日、クレイジーケンバンドのラジオで聴いたこの曲。







”♪ポポーポ、ポポポ~・・・”が繰り返されるご陽気な曲、おそらく皆さんも、スーパーなどの石焼き芋売り場で聴いたことがある曲だと思います。


これは群馬にある「群馬電機株式会社」が発売している店舗内用の販売促進マシン『呼び込み君』に付属の曲。

<呼び込み君 - 群馬電機>
http://www.gunmadenki.co.jp/original/yobi.html


この曲には特に曲名とか歌詞はないそうで、群馬電機が群馬県に住む作曲家に依頼した『呼び込み君』のためだけに作り上げたオリジナル曲だそうだ。著作権なども群馬電機にあるとのこと。

なので勝手に『呼びこみ君のテーマ』と呼ぶことにしよう(笑)。



・・・で、番組ではスーパーの店頭で良くかかっている曲の正体と、この曲がクレイジーケンが大好きなこのバンドのこの曲に何となく似ている・・・ということも紹介していた。

<Osibisa - Happy Children>



”「オシビサ(Osibisa)」は、イギリスのアフロ・ロック、アフロ・ファンク・バンド。在英のガーナ、ナイジェリア、西インド諸島出身者たちによって1969年に結成、現在も活動している。「サンシャイン・デイ」などの曲がよく知られている。”


「オシビサ(Osibisa)」というこのバンド、私は初めて知った。しかも1969年結成とは、大ベテランバンドなんだね!



それともうひとつ、私の疑問を解決してくれたのが、「オシビサ(Osibisa)」の代表曲であるこの曲。

<Sunshine Day - OSIBISA>



同じく、毎週聴いているピーター・バラカンDJによるラジオ番組、「ウィークエンド・サンシャイン」のテーマ曲だったのです!


ひとつのラジオ番組で、3つの事が分かるなんて、ホント勉強になるなぁ~・・・









Posted on 2017/03/01 Wed. 19:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

0913

Fire Ball  


先日、横浜赤レンガ倉庫で行われた「横浜グルメンタ」を見てきました。






”Fヨコ大感謝祭!横浜グルメンタ2016
~港ヨコハマに厳選された「食」と「エンターテインメント」が大集合!~”


日時:2016年9月10日(土)10:00~20:00
   2016年9月11日(日)10:00~17:00
   ※雨天決行、荒天中止
会場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
入場料:無料

https://www.fmyokohama.co.jp/pc/topics/2016/op_0910gourmenta/


FM横浜主催の「食」と「エンターテインメント」をテーマにしたビッグイベント。実は昨年も見に行きました。


今年は運よく、クレイジーケンバンドでおなじみの「菅原愛子ちゃん」と、こちらもクレイジーケンバンドでおなじみの「FIRE BALL」の公開ライブを見ることができました。


「FIRE BALL」は、毎週聴いているクレイジーケンバンドのラジオ番組の後に「FIRE BALL」の番組をやっているのと、たまに番組で曲やエピソードなんかが紹介されるので、なんとなく知っていたのですが、実物を見るのは初めて。当然、ライブ演奏(というか歌声)を聴くのも初。


ビジュアルからなんとなくラップ、ヒップホップ系のアーティストかと思ってましたが、実はレゲエグループ(彼らのラジオ番組のタイトル見れば分かることでしたが・・・ww)なんですが、コーラスが非常に上手かった!


ラップっぽいボーカルは実はレゲエの歌い方だったんだね・・・そういわれてみればそうだった。。。



気になって調べてみたら「FIRE BALL」は、地元横浜をベースに世界のトップレベルで活躍するレゲエ・サウンド・システム・クルー、「Mighty Crown」のファミリーなんだそうだ。

「Mighty Crown」は、「サウンドクラッシュ」という、アーティスト同士が曲を掛けあってオーディエンスの歓声で勝敗を決するレゲエ発祥のショーケースの世界的大会である「World Crash1999 in New York」で優勝したこともある、スゴいグループなんだとか!


※しかし、意外だったのは、カミさんが「FIRE BALL」を知っていたこと。公開ライブ見るために夕方ごろ行こうって言ったのもカミさんだし・・・横浜のグループだからそれ繋がりですかね??なんとグループの一人が、カミさんと同じ小学校出身だそうです(笑)。




そんな「Mighty Crown」ファミリーである「FIRE BALL」の最近の代表曲をドウゾ。公開ライブでも歌ってました!

<Fire Ball - Wonderful Days>








Posted on 2016/09/13 Tue. 19:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top