FC2ブログ

【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

1021

【わたしのトップレート】The Jam「In The City」  


毎度おなじみ【わたしのトップレート】のコーナーです。






好きな曲を登録したプレイリスト「トップレート」は、私の音楽の好みが詰まってます。


そんな「トップレート」から再生回数の多いものからお気に入り曲をご紹介する・・・・
【わたしのトップレート】のコーナーです!



今回はこの曲!

The Jam「In The City」


”「イン・ザ・シティ (In the City)」 はザ・ジャムのデビューシングル。1977年発表の同名アルバム『イン・ザ・シティ』からのシングルカットとして、1977年4月29日にリリースされ、6月に全英シングルチャートの40位に到達。この曲以降、ザ・ジャムの曲は18曲連続でシングルトップ40に入った。”



・・・この曲はバンドでもやっているし、大好きな曲です。。。




以上、【わたしのトップレート】のコーナーでした!



スポンサーサイト



Posted on 2019/10/21 Mon. 19:51 [edit]

CM: 0
TB: 0

1014

【わたしのトップレート】The Doobie Brothers「Jesus Is Just Alright」  


毎度おなじみ【わたしのトップレート】のコーナーです。






好きな曲を登録したプレイリスト「トップレート」は、私の音楽の好みが詰まってます。


そんな「トップレート」から再生回数の多いものからお気に入り曲をご紹介する・・・・
【わたしのトップレート】のコーナーです!



今回はこの曲!

The Doobie Brothers「Jesus Is Just Alright」


”「Jesus Is Just Alright(邦題:希望の炎)」はドゥービー・ブラザーズが1972年に発表した2作目のスタジオ・アルバム「トゥールーズ・ストリート」に収録された彼らの代表曲のひとつ。シングルカットされ、全米35位に達した。”



・・・この曲は大学サークルの大先輩達と、バンドで演ってるからですね。。。




以上、【わたしのトップレート】のコーナーでした!



Posted on 2019/10/14 Mon. 19:40 [edit]

CM: 0
TB: 0

1007

【わたしのトップレート】Led Zeppelin「We're Gonna Groove」  


毎度おなじみ【わたしのトップレート】のコーナーです。






好きな曲を登録したプレイリスト「トップレート」は、私の音楽の好みが詰まってます。


そんな「トップレート」から再生回数の多いものからお気に入り曲をご紹介する・・・・
【わたしのトップレート】のコーナーです!



今回はこの曲!

Led Zeppelin「We're Gonna Groove」


”「We're Gonna Groove」は、Led Zeppelinの第9作目のスタジオ・アルバム「最終楽章 (Coda)」の1曲目に収録された曲。ライナーには「1969年6月25日にモーガン・スタジオで録音」とクレジットされているが、実際には1970年1月9日のロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートで収録され、ギターがオーバー・ダビングされたものであることが判明している。原曲はベン・E・キングの「Groovin'」である。”



・・・この曲は大好きな曲なので、単純に何回も聴いている、ということですね。。。




以上、【わたしのトップレート】のコーナーでした!


Posted on 2019/10/07 Mon. 19:29 [edit]

CM: 0
TB: 0

1001

【わたしのトップレート】Elvis Costello & The Attractions「(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding」  


毎度おなじみ【わたしのトップレート】のコーナーです。




好きな曲を登録したプレイリスト「トップレート」は、私の音楽の好みが詰まってます。


そんな「トップレート」から再生回数の多いものからお気に入り曲をご紹介する・・・・
【わたしのトップレート】のコーナーです!



今回はこの曲!

Elvis Costello & The Attractions「(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding」


”「ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング」((What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding)は、ニック・ロウが作詞作曲し、ブリンズリー・シュウォーツが1974年に発表した楽曲。エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズのバージョンは、ニック・ロウの1978年10月発売のシングル「American Squirm」のB面に "Nick Lowe and His Sound" 名義で収録された。翌1979年、コステロの3枚目のアルバム『アームド・フォーセス』のアメリカ盤に収録される(代わりにアメリカ盤からは「サンデーズ・ベスト」が省かれた)。”



・・・これも、今バンドでやってるからトップレートに上がってるんですかね。。。




以上、【わたしのトップレート】のコーナーでした!



Posted on 2019/10/01 Tue. 19:13 [edit]

CM: 0
TB: 0

0924

【わたしのトップレート】The Jam「Billy Hunt」  


毎度おなじみ【わたしのトップレート】のコーナーです。




好きな曲を登録したプレイリスト「トップレート」は、私の音楽の好みが詰まってます。


そんな「トップレート」から再生回数の多いものからお気に入り曲をご紹介する・・・・
【わたしのトップレート】のコーナーです!



今回はこの曲!

The Jam「Billy Hunt」


”「Billy Hunt(ビリー・ハント)」はザ・ジャムの1978年のアルバム「オール・モッド・コンズ (All Mod Cons)」 に収録。但し、アメリカ盤は「ビリー・ハント」を「バタフライ・コレクター」に入れ替えて発売された。”



・・・これも、今バンドでやってるからトップレートに上がってるんですかね。。。




以上、【わたしのトップレート】のコーナーでした!




Posted on 2019/09/24 Tue. 19:31 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top