【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0220

【特選アルバムライブラリ】The Ventures「Live in Japan '65」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は「V」のアーティストの第二弾。



イニシャル「V」のアーティストも少ないですよね。。。。エレキといえばこのバンド!Live in Japanの先駆けであるこの「実況録音盤」!



The Ventures「Live in Japan '65」

ventures_live_in_japan_pic.jpg

<収録曲>
01 INTRODUCTION
02 THE CRUEL SEA
03 PENETRATION
04 BULLDOG
05 I FEEL FINE
06 BAND MEMBER INTRODUCTIONS
07 THE HOUSE OF THE RISING SUN
08 OUT OF LIMITS
09 SLAUGHTER ON TENTH AVENUE
10 BESAME MUCHO TWIST
11 LOVE POTION NO.9
12 WALK DON'T RUN'64
13 WALK YOU WALK IN THE ROOM
14 RAP CITY
15 WIPE OUT
16 WALK DON'T RUN|PERFIDIA|LULLABY OF THE LEAVES
17 THE LONELY BULL
18 TELSTAR
19 DRIVING GUITARS
20 MARINER NO.4
21 THE PINK PANTHER THEME
22 YELLOW JACKET
23 APACHE
24 PIPELINE
25 SURF RIDER
26 JOURNEY TO THE STARS
27 BUMBLE BEE TWIST
28 DIAMOND HEAD
29 CARAVAN




ご存知、”エレキ”といえばこのバンド、「ザ・ベンチャーズ」の1965年7月、東京新宿厚生年金会館ホールでのライブ・・いや、「実況録音盤」です(笑)。


ベンチャーズの「ライヴ・イン・ジャパン'65」というアルバムは2種類あり、最初に出たのが1965年1月来日時の録音、そして今回ご紹介するのは、同じ1965年7月録音の通称「ベンチャーズ・イン・ジャパン第2集」というアルバムとのこと。

当時は大体50分ぐらいの1ステージを一部・二部制で演奏することが多く、ベンチャーズの日本での人気は物凄かったため、このアルバムは一部・二部両方収録されてます(だから29曲にもなってます・・・)。

しかも、1998年に「ザ・ベンチャーズ / コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン'65」というCDが発売され、LPではカットされたフィリピン人名物MC「ビン・コンセプション」の少々スベリ気味(笑)のMCが収録されています。



実は以前【今日の一曲】でも紹介してました。
その時の記事がコレ↓↓↓
http://tera04569.blog.fc2.com/blog-entry-578.html


この記事でも書きましたが、1965年録音とは思えない音圧!迫力!アンプ直結なのに、この歪み、ドライブ感!やっぱりモズライトはパワフルだ!!

一般的にベンチャーズサウンドは、エレキの”テケテケ”ギターサウンドで、あまり歪んでなく、クリアな音色というイメージが強いと思いますが、このライブ・・いや、「実況録音盤」の音は全く違う、荒く、速く、パンキッシュなサウンドだ!ベンチャーズサウンドのイメージが覆る、素晴らしいアルバムです!





以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!






スポンサーサイト

Posted on 2018/02/20 Tue. 18:31 [edit]

CM: 0
TB: 0

0213

【特選アルバムライブラリ】UFO「Phenomenon」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は「U」のアーティストの第二弾。



イニシャル「U」のアーティストのアルバムはあまり持ってません・・・っていうか、イニシャルUのアーティストって少ないですよね。。。。今回はこのバンドのこの名盤!





UFO「Phenomenon」

ufo_phenomenon.jpg

<収録曲>
01.Oh My
02.Crystal Light
03.Doctor Doctor
04.Space Child
05.Rock Bottom
06.Too Young to Know
07.Time on My Hands
08.Built for Comfort
09.Lipstick Traces
10.Queen of the Deep



ご存知、”神”こと「マイケル・シェンカー」加入後に最初にリリースされた4枚目のアルバム。UFOの代表曲「Rock Bottom」と「Doctor Doctor」が収録されている。この2曲が入っていることでUFOの代表作とされているが、ハードなナンバーだけでなく、アコースティックギターを生かした曲も意外と多い。マイケルの泣かせるギターフレーズが随所に散りばめられている。当時まだマイケルは18歳だとか・・・恐ろしい・・・

このアルバムデザインは、70年代のアルバムアートを代表するデザイングループ「ヒプノシス」による作品。アルバムアートワークは70年代に流行ったので、必然的にプログレやハードロック・メタル系に代表作が多い。 「ヒプノシス」といえばピンクフロイドが有名ですが、ZEPや10CC、松任谷由実なんかも手がけている。


実は以前【特選アルバムアートワーク】でも紹介してました。
その時の記事がコレ↓↓↓
http://tera04569.blog.fc2.com/blog-entry-658.html

※今見たら、その時紹介していた曲順が持っているものと違うことに気が付いた・・・A面とB面の1曲目が反対だ。洋盤では「Too Young to Know」がA面1曲目のようだ。。。





以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!




Posted on 2018/02/13 Tue. 18:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

0206

【特選アルバムライブラリ】Toy Dolls「Dig That Groove Baby」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は「T」のアーティストの第二弾。


イニシャル「T」のアーティストのアルバムも結構持ってます。。。前回のピストルズと比べると、同じパンクでもこうも違うのか?と思わせる、このバンドのファーストアルバム!





Toy Dolls「Dig That Groove Baby」



<収録曲>
01.Theme Tune
02.Dig That Groove Baby
03.Dougy Giro
04.Spiders In The Dressing Room
05.Glenda And The Test Tube Baby
06.Up The Garden Path
07.Nellie the Elephant
08.Poor Davey
09.Stay Mellow
10.Queen Alexandra Road Is Where She Said She'd Be, But Was She There To Meet Me... No Chance
11.Worse Things Happen At Sea
12.Blue Suede Shoes
13.Fiery Jack
14.Theme Tune



ご存じ無い方も多いと思いますので、簡単に解説を・・・

”トイ・ドールズ (The Toy Dolls)は、1979年に結成されたイギリスのパンク・ロックバンド。パンク・ロックの歌詞は通常、政治的なテーマや社会的な怒りに満ちた内容が多いが、トイドールズの場合、人を食ったような歌詞と歌のタイトルを付けることが特徴。サウンドもスピード感のあるメロディアスなものが多く、「ポップ・パンク」または「パンク・パセティック(悲壮系パンク)」と呼ばれることもある。ギター、ボーカルのオルガを中心に多くのメンバーチェンジを繰り返しながら、現在も活動中。”


サウンドもさることながら、オルガのおどけた、剽軽な(・・・この言葉、最近使われないなぁ・・・)風貌から想像できないようなギターテクニックがスバらしく、特にこのアルバムは愛聴しました。

80年代後半から日本でも流行った「ビートパンク」は、おそらくトイ・ドールズの影響もあったのでは?・・・と思ってます。





以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!







Posted on 2018/02/06 Tue. 18:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

0130

【特選アルバムライブラリ】Sex Pistols「Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は「S」のアーティストの第二弾。


イニシャル「S」のアーティストのアルバムも沢山持ってますね。。。やっぱり「S」といえばこのバンドのこのアルバム!




Sex Pistols「Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols」

Pistols_nevermind_pic.jpg

<収録曲>
01.Holidays in the Sun
02.Bodies
03.No Feeling
04.Liar
05.God Save the Queen
06.Problems
07.Seventeen
08.Anarchy in the U.K.
09.Submission
10.Pretty Vacant
11.New York
12.E.M.I.



ご存じ偉大なるパンクアイコン「Sex Pistols」の唯一のスタジオ・アルバム。1977年10月28日にヴァージン・レコードよりリリースされ、全英アルバムチャート1位を記録。

あまり詳しく説明する必要はないでしょう・・・ロックの歴史上、最も影響を与えたアルバムの一つ。パンクロックを音楽のジャンルとしてだけではなく、ファッションとしても後世に多大な影響を与えた。


プロデューサーは、プロコル・ハルム、ロキシー・ミュージック、サディスティック・ミカ・バンド等を手がけたベテランプロデューサー、「クリス・トーマス」。クリスは、ラジオでのオンエアでのインパクトを強くするため、さまざまな工夫を施し、同時期のパンクアルバムにはない力強いサウンドを実現した。
※その辺りのことは、以前この記事で書いていたのでご参照あれ↓↓
http://tera04569.blog.fc2.com/blog-entry-174.html



知らなかったが、UKオリジナル盤は全11曲入りで、特典としてシングル「サブミッション」が付加され(結果、12曲であるが)、曲順も微妙に違っていたらしい。






以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!



Posted on 2018/01/30 Tue. 18:41 [edit]

CM: 0
TB: 0

0123

【特選アルバムライブラリ】(Ritchie Blackmore's)Rainbow「Rising」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は「R」のアーティストの第二弾。


イニシャル「R」のアーティストのアルバムは・・・結構持ってますが・・・やはり、このバンドのセカンドアルバムで!



(Ritchie Blackmore's)Rainbow「Rising」



<収録曲>
01.Tarot Woman
02.Run with the Wolf
03.Starstruck
04.Do You Close Your Eyes
05.Stargazer
06.A Light in the Black



ご存じブラックモア御大率いる「レインボー」のセカンド・アルバム、1976年4月発売。

邦題は『虹を翔る覇者』

※ちなみにデビュー当時は「リッチー・ブラックモアズ・レインボー」であり、2ndアルバムからは「ブラックモアズ・レインボー(Blackmore's Rainbow)」、3rdアルバム以降は「レインボー」の名義となっているので、このアルバムのアーティスト名は正式にはイニシャル「B」になるのですが・・・まあ、「Rainbow」ですから、「R」ということで・・・(笑)。


録音メンバーは以下。
・ロニー・ジェイムス・ディオ - ボーカル
・リッチー・ブラックモア - ギター
・トニー・カレイ - キーボード
・ジミー・ベイン - ベース
・コージー・パウエル - ドラムス
・マーティン・バーチ - プロデュース
・ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 - オーケストレーション(スターゲイザー)
※ベースのジミー・ペインとキーボードのトニー・カレイは、スタジオアルバムではこの一作限りでレインボーを解雇されている。



このアルバムより「ロック史上最強のドラマー」の一人である「コージー・パウエル」が参加。リッチー、ロニー、そしてコージーの3人による、いわゆる「三頭政治」時代のRainbowの幕開けである。


アナログLPでは、A面が01~04で、B面はそれぞれ8分を越える大作05、06の2曲で占められていた。実際のところ、本作が「名盤」とされているのは、このB面によるところが大きいが、A面の曲も充実した作品ばかりだ。








以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。



次回をお楽しみに〜!






Posted on 2018/01/23 Tue. 18:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top