【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0822

【特選アルバムライブラリ】人間椅子「人間失格」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。





今回は、日本語の「な行」のアーティストの第一弾。



伝説の音楽番組「イカ天」で有名になったこのバンドのこのアルバム!




人間椅子「人間失格」

ningenisu_1st.jpg

<収録曲>
1.鉄格子黙示録
2.針の山
3.あやかしの鼓
4.りんごの泪
5.賽の河原
6.天国に結ぶ恋
7.悪魔の手毬唄
8.人間失格
9.ヘヴィ・メタルの逆襲
10.アルンハイムの泉
11.桜の森の満開の下



ご存じ・・・かどうかわかりませんが、青森出身、70年代ブリティッシュ・ハードロックのサウンドに、日本語の独特の歌詞を載せた音楽性が特徴の「人間椅子」のメジャーファーストアルバム。1990年リリース。

今では伝説となったTBSの深夜番組「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演、ねずみ男にしか見えないベースの恰好からイロモノの匂いをさせつつ、非常に卓越した演奏技術が辛口の審査員たちから「文芸ロック」と言わしめたバンド。今も精力的にライブ活動しているようだ。



私も「イカ天」で知りました。

当時はそれほどサバスが好きではなかったですが、リフサウンドのカッコよさと津軽三味線を思い起こさせるギターサウンド、津軽弁まるだしの歌など・・・圧倒されましたね。







以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。




スポンサーサイト

Posted on 2017/08/22 Tue. 18:59 [edit]

CM: 0
TB: 0

0815

【特選アルバムライブラリ】トータス松本「TRAVELLER」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。





今回は、日本語の「た行」のアーティストの第一弾。



このアルバムはいいですね〜愛聴してました!




トータス松本「TRAVELLER」



<収録曲>
1.Home In Your Heart
2.Stubborn Kind Of Fellow
3.Lookin' For A Love
4.I'm Your Hoochie Coochie Man
5.Give Me Back My Wig
6.Lawdy Miss Clawdy
7.Sugar Dumpling
8.Hard To Handle
9.Johnny Come Home
10.Talk To Me Baby
11.One Way Out
12.Lucille
13.Tired Of Being Alone
14.Bring It On Home To Me
15.I Just Want A Little Bit
16.Precious,Precious
17.Over The Rainbow
18.yahho!



ご存知「ウルフルズ」の熱血ボーカリスト「トータス松本」が2003年2月に発表したカバー・アルバム。

彼が愛して止まないというサム・クックを始め、オーティス・レディング、アル・グリーン、マーヴィン・ゲイの名曲を収録。

2曲目の「Stubborn Kind Of Fellow」はトヨタ・ヴォクシーのCM曲として使用された。




全曲素晴らしいのですが、特に「14.Bring It On Home To Me」はこのバージョンでバンドでも演奏したほど気に入りました。

知らなかったですが、このアルバムの後、1962年にサム・クックが発表したアルバム『Twistin' the Night Away(邦題:ツイストで踊りあかそう)』をまるまる1枚カバーした洋楽カバー・アルバム第2弾、その名もズバリ、『TWISTIN' THE NIGHT AWAY』を出していたんですね!今度借りねば!





以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。





Posted on 2017/08/15 Tue. 19:17 [edit]

CM: 0
TB: 0

0808

【特選アルバムライブラリ】サディスティック・ミカ・バンド「黒船」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は、日本語の「さ行」のアーティストの第一弾。


これは、日本語ロックの名盤ですね!






サディスティック・ミカ・バンド「黒船」

mikaband_kurofune.jpg

<収録曲>
1.墨絵の国へ
2.何かが海をやってくる
3.タイムマシンにおねがい
4.黒船(嘉永六年六月二日)
5.黒船(嘉永六年六月三日)
6.黒船(嘉永六年六月四日)
7.よろしく どうぞ
8.どんたく
9.四季頌歌
10.塀までひとっとび
11.颱風歌
12.さようなら




加藤 和彦率いる「サディスティック・ミカ・バンド」のセカンドアルバム。1974年リリース。

プロデューサーに「ピンク・フロイド」「ロキシー・ミュージック」そして「セックス・ピストルズ」を手がけた「クリス・トーマス」を招いて制作されたアルバムで、1つのコンセプトのもとにストーリー風に楽曲が収められている。

ファーストアルバムを聴いた「クリス・トーマス」がプロデュースをかって出るほど、当時日本よりも海外で人気があったらしく、「黒船」はイギリス、アメリカでも発売されたらしい。

特にイギリスでは、1975年のロキシーミュージックの全英ツアーにおいてオープニングアクトを務めたほど。



メンバーもスゴイ!

・加藤ミカ(ボーカル)
・加藤和彦(リズムギター、ボーカル)
・高中正義(リードギター)
・小原礼(ベース)
・高橋幸宏(ドラムス)


腕達者&大御所ばかり!

元々のドラマーは「つのだ☆ひろ」だし、サードアルバムの頃は、小原礼の代わりに「後藤次利」がベースとして参加。



個人的には個々の楽曲(「タイムマシンにおねがい」「塀までひとっとび」)は知っていたが、アルバムとしてトータルで聴いたことはあまりなかったなぁ~・・・






以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。




Posted on 2017/08/08 Tue. 18:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

0801

【特選アルバムライブラリ】グループ魂「荒ぶる日本の魂たち」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は、日本語の「か行」のアーティストの第一弾。





「か行」と言いながら、いきなり「く」になりますが・・・

音楽もさることながら、それ以外の才能溢れるこの人達のこのアルバム!




グループ魂「荒ぶる日本の魂たち」



<収録曲>
1.魂の一曲目
2.パンチラ・オブ・ジョイトイ
3.チャーのフェンダー
4.東北の魂
5.愛人
6.TAXI乗りたて
7.ED!
8.JUST A JUSCO
9.魂の酒
10.CHEE-COCK
11.ラブラブ・マンハッタン
12.荒ぶる地元の魂たち




「IWGP」「木更津キャッツアイ」「あまちゃん」などヒットドラマ脚本でお馴染み、“暴動”こと宮藤官九郎、今や売れっ子個性派俳優、“破壊”こと阿部サダヲを中心とした7人組ロック・バンド「グループ魂」のメジャー・セカンド・アルバム。2004年リリース。

1995年、松尾スズキが主宰する劇団大人計画の俳優が結成。ちなみに読みは「グループだましい」ではなく「グループたましい」。ジャンル分けは「日本のパンクコントバンド」らしい(笑)。



私はそれ程「グループ魂」やクドカンのファンではないので、あまり詳しく知らなかったが、「3.チャーのフェンダー」をラジオで聴いたのが知るきっかけ。とにかくサウンドがカッコイイ!でも歌詞がバカバカしい・・・(笑)。

昔で言うと「スネークマン・ショー」みたいな感じだね。

結成が1995年なので、クドカンがドラマで売れる前からやってたんだね~





以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。




Posted on 2017/08/01 Tue. 18:51 [edit]

CM: 0
TB: 0

0725

【特選アルバムライブラリ】大滝詠一 「大瀧詠一」  


毎度お馴染み、【特選アルバムライブラリ】のコーナーです。




今回は、日本語の「あ行」のアーティストの第一弾。



イニシャル「あ」から始まりたかったですが・・・いいのがありませんでした。。。


「あ行」と言いながら、いきなり「お」になりますが・・・私の師匠ともいえるこの人のこのアルバム!





大滝詠一 「大瀧詠一」



<収録曲>
1.おもい
2.それはぼくぢゃないよ
3.指切り
4.びんぼう
5.五月雨
6.ウララカ
7.あつさのせい
8.朝寝坊
9.水彩画の町
10.乱れ髪
11.恋の汽車ポッポ第二部
12.いかすぜ! この恋



皆さまお馴染みの「大滝詠一」氏のファーストアルバム。1972年リリース。

アーティスト名が「大滝詠一」で、アルバムタイトルが本名の「大瀧 榮一」から苗字を使って「大瀧詠一」・・・ややこしい。

このアルバムを発売したころは、まだ「はっぴいえんど」活動中であった。



私のこのアルバムへの思い出は、高校ぐらいだったと記憶しているが、NHK FMのラジオ番組「サウンドストリート」で渋谷陽一が、大滝詠一のファーストソロアルバム「大瀧詠一」を紹介した回があり、それを聴いて衝撃を覚えた。


・・・っと、実は別ブログにてこのアルバムを紹介してました。。。
詳細はこちらをご参照ください。
↓↓↓↓
http://outofdate045.blog.fc2.com/blog-entry-97.html


2013年12月30日の突然の訃報から、3年半が経ちました・・・・







以上、【特選アルバムライブラリ】のコーナーでした。




Posted on 2017/07/25 Tue. 18:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top