【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

1024

回帰現象・・・?  


今日のYahooに、こんな記事があった。




<カセットテープ>ブーム再び メーカーが復刻版発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00000001-maiall-soci


個人的にはアナログの音やメディアは好きではあるが、今の時代にわざわざアナログレコードやカセットテープを買おうとは思わない派なのだが、なぜ今ブームなのか、記事になるほどと思わせるコメントがあった。

・アナログの音が心地よく聞こえる訳は「音の柔らかさや、ノイズ(雑音)も含めたリアリティー」。
・カセットをラジカセに入れ、再生ボタンをガチャッと押す「ガジェット(道具)感」。ストリーミングと対極的で「デジタル世代にはすごく新鮮。逆にクールなものに映る」。
・カセットテープを全く経験していない若者も多く、彼らにとって、カセットテープは「デジタルの次に来ている新しいメディア」。そこにノスタルジーは全く介在していない。
・安く聴きやすい状況があるのに音楽を聴かなくなっている。有り難みが損なわれると、そこから離れていく傾向がある。
・曲をスキップできないカセットテープでは、「A面の1曲目からB面の最後まで音楽と対峙(たいじ)して、楽しさを再認識できる」。



確かにカセットテープ時代は、簡単に曲をスキップできないから(まあそういう機能をもったラジカセやデッキもあったが)、ちゃんと最初から最後まで聴いていたね(まあ早送りの曲もあったが・・ww)。

曲の順番とかも覚えちゃってた。なのでその頃よく聴いていた曲を今聞くと、”・・・ああ、この曲の次にはこの曲がかかるんだっけ・・・”と思い出しちゃったりしちゃう。



一方、最近ではCDが100円程度でレンタルが当たり前なので、CDを買わず、いわゆる「大人買い」のようにまとめてレンタルし、好きなアルバムを大量にiTunesライブラリ化できてしまう。

しかし、そうするとアルバム通して聴くことがあまりなくなり(1曲も聴かないままのアルバムもあったりする)、前述のような「アルバムに対しての愛着」は弱くなっているのが現状だ。




しかし、「カセットテープで聴くと愛着が増す」からといって、今更わざわざカセットテープに録音してラジカセで聴くことはないだろう





懐かしいと思う我々世代がメインターゲットのようだが、ノスタルジーで買ったりすることはあるだろうが、そんなに続くかなぁ~という印象。

カセットテープを知らない若者世代は、カセットテープを「新しいメディア・ガジェット」もしくは「ファッション」ととらえているから聴くんだろうね。

ただ、「呼吸するように、自然に、簡単に音楽が聴けている世代」にとって、音楽を聴くという行為に、どれだけ時間を割くかね?


まあ、若者にも「マニア」はいるから、シニアも若者も、そういう層狙いのブームだと思う。

一過性のブームで終わらなければいいが・・・



Yahooコメントも、半数以上は同じような感想が多かったね。




松田聖子やユニコーンなんかが新譜をカセットテープでリリースしているらしいが、購入者はたぶんノスタルジー派。

若者への訴求であれば、エグ○イルとかJソ○ルとかジャ○ーズ、A○Bとかの方がいいんじゃないかな?

これでヒットすれば、カセットテープ回帰もホンモノかも??




スポンサーサイト

Posted on 2016/10/24 Mon. 22:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

0610

カセットテープとFM  


こんな本が出たらしいんだが・・・






”懐かしのカセット、ラジカセ、FM雑誌をテーマにしたムック『カセットテープ時代』がCDジャーナルで知られる音楽出版社から発売中。「カセットテープとFM雑誌文化」への熱い想いに触れる一書”
http://amass.jp/73831/


”CDから音楽配信へと音楽のデジタル化が主流となるなか、若い世代から中高年まで“アナログレコード”が見直されはじめています。そして、いままた、かつて全盛を誇った“カセットテープ”の存在が注目をあつめ、CD、LP、カセットを同時にリリースするアーティストも出現しています。かつて毎週100万部以上を発行していた“FM雑誌”は一時代を彩る文化でした。本書は、そんな懐かしの“カセットテープとFM雑誌文化”への熱い想いに触れる一書です。”




アナログLP、SPも売れてるらしいし、今度はカセットテープですか。。。。しかも若い世代に。。。



“アナログレコード”が見直されているのは理解できる、「音質がいいから」

クラシックとかジャズ、若い世代だとDJとか、職業DJも7インチシングルが流行りになってきているらしい。




・・・でも、カセットテープは、「音質は良くない」ぞ・・・?



昔にもいわゆる「ローファイ」というカテゴリーがあって、わざと音質の悪いアナログ機材を使って録音するとかあったけど、もっとファッション系なのかな・・・?




今、ドラマの主題歌になっているユニコーンの新曲「エコー」っていうのも、シングルではカセットテープのみでリリースされるらしい(しかもB面はカラオケ・・・www)








個人的には、カセットテープには懐かしさはあるが・・・
※カセットテープについて熱く語った記事ご参照↓↓↓
http://tera04569.blog.fc2.com/blog-entry-273.html


・・・正直、今のこの時代に使おうとは思わない。そもそも再生できないからね。
※正確に言うと、カセットデッキはまだ所有しているのだが、ずっと使ってないし、廃棄しないでまだ残しているのは、昔のオリジナル曲が入ったカセットや、バンドの音源などを、いつかデジタル化したいと思っているからだ。



雰囲気はあるのだろうが、「音質は悪い」し「使い勝手も悪い」・・・わざわざ使わないでしょ・・・


昔、レコードやカセットテープしかなかった時、どうしても音の劣化(レコードだと傷が入るし、テープだと伸びちゃう、等)が避けられないメディアだったから、”早く、音質が良く、半永久的に劣化しない、CDやLDが普及してほしい!”と心から思ったものだ。

まあ、LDは劣化はしないが、実はデジタルではなく、フォーマットが残らなかったけど・・・(笑)



今ではCDどころかPCでファイル操作でできちゃう。音質もいくらでも変えられるし、ハンドリングも楽。


昔の苦労した時代を知ってる分、今のフォーマットの有り難さがしみじみと分かるのです。。。






まあ、人それぞれ、趣味も違うだろうし・・・いいんじゃないでしょうか・・・









Posted on 2016/06/10 Fri. 19:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

1230

DENON DR-F2  


前回記事からの続き


高校になって、やっとステレオセットを買ってもらった。


メーカーの選択はやはりフェリクロムテープとの相性を考えて、DENON製のカセットデッキを中心に考えた(・・・というかコストの関係でDENONのセットになったのだが。。。)



・・・で、購入したカセットデッキがコレ!


DENON DR-F2(1981年頃発売 当時の定価¥69,800)
denon_dr-f2.jpg



最大の特徴は「3ヘッド」そして「フェリクロム」ポジション対応。


従来の「2ヘッド」だと録音・再生用の2ヘッドなので、録音時に録音している音をリアルタイムにモニターできない。


「3ヘッド」だとモニター用のヘッドがあるため、録音時にリアルタイムでモニターができるのだ。


どんな音で録音できているか、その場ですぐわかるので調整も可能(例えば、途中からフェードアウトした場合など、モニターしながらフェードアウトの加減ができる)



その他、詳細はこのサイトにありました↓↓↓↓
http://audio-heritage.jp/DENON/player/dr-f2.html




このカセットデッキで、FMエアチェックはもちろん、LPからのダビングにも大活躍!





このステレオセットはその後、大学時代まで使用。






就職後は輸送に手間がかかる(というか重い!)し、WカセットデッキやCDプレーヤーも欲しかったので、新しくWカセット、CD付きのコンポを購入。







このセットはその後どう処分したか・・・全く覚えていない。。。








多分、粗大ゴミに出したんじゃなかったかな・・・?







あらためて、青春の思い出をありがとう!「DENON DR-F2」!!


















・・・というわけで、30年以上も前の私のオーディオ雑談にお付き合い頂きありがとうございます。




2015年もあと今日も含めて2日。


来年もまたこんな感じで音楽やオーディオ、サブカル的な話題をご提供していきたいと思います。



良いお年をお迎えください!!





Posted on 2015/12/30 Wed. 16:44 [edit]

CM: 2
TB: 0

1228

パディスコ  


久々のオーディオネタ。


前回記事では「フェリクロム」カセットについてご紹介しましたが、今回は「録音機器」について語ろうと思います。



まずはステレオラジオカセットから。


中学生ではさすがに高額なステレオセットは買えないので、お小遣いをためて、やっと買いました。

それがコレ!


日立FM・AM ステレオラジオカセットレコーダー「ステレオパディスコ8800」(TRK-8800)
※1980年発売。当時の定価 ¥84,800。
trk-8800.jpg


当時のキャッチコピー
”マイクロコンピューター搭載。どこまで進化するのか ラジオカセット。メタル&フェザータッチ!”



・・・本当はSONYとかパイオニアとかカッコイイメーカーのラジカセが欲しかったのですが。。。お金との相談でした。

しかし、この機種も基本的な性能は申し分なし!



このラジカセとフェリクロムテープを使って、NHK FMの「夕べのひととき」とか「サウンドストリート」とか、たまにやる洋楽ロックバンドのライブ音源(このラジカセでDEEP PURPLEのBBCライブをエアチェックしました)などを録音しまくってました。






・・・・が、スペックを改めてみると・・・



”ノーマル/クロム/メタルテープの3段切替テープセレクター”





・・・・?







フェリクロムポジションがない??









勘違いだったのか?








いや、中学時代は確かにこのラジカセだ。



高校時代に買ったカセットデッキがフェリクロム対応だったか??












記憶が錯綜してますが、たぶん、このラジカセでもフェリクロムテープは使っていたと思う。










そして、ベストマッチのフェリクロム対応のカセットデッキを購入することになるのだが。。。






その話はまた次回。





Posted on 2015/12/28 Mon. 16:59 [edit]

CM: 2
TB: 0

1221

日本懐かしオーディオ大全  


こんな本が出るらしい。。。


”ラジカセ、ミニコンポ、ヘッドホンステレオなど、昭和50〜60年代頃に多感な青春時代を過ごした人なら、誰しも通ってきたであろうオーディオ機器を特集。「昭和のオーディオ」にフォーカスしたムック『日本懐かしオーディオ大全』が辰巳出版から12月21日発売。”
http://amass.jp/66817/





まさにpopontaさん、必携のアイテム・・・?
いや、popontaさんなら、これぐらいはご存知か?



表紙に乗っているDENONのスピーカーが、まさに高校の時に買ってもらったステレオセットのスピーカーだ!



取りあえず、立ち読みしてみよう。。。








Posted on 2015/12/21 Mon. 19:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top