FC2ブログ

【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0325

【今日の一曲】想い出のロックン・ローラー  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです





今日は全く知らなかったのですが、日本語でのカバーもあったんですね。。。


「想い出のロックン・ローラー」ジェーン・バーキン


”「想い出のロックン・ローラー」(原題: ex fan des sixties)は、ジェーン・バーキンの楽曲である。バーキンの1978年のアルバム『想い出のロックン・ローラー』の表題曲であり、アルバムのシングルカットとして同年の1978年にリリースされた。1960年代の偉大なロックン・ローラーたちの名を唱えるこの曲は、フランスで大ヒット。この曲の作者は、内夫セルジュ・ゲンスブールである。1988年には、日本の女優安田成美により日本語でカバーされた。歌詞はアルバムをプロデュースした大貫妙子によるもので、忠実な翻訳ではなくアレンジが施された。”


またまた毛色の違う曲ですが・・・先日オンエアの大貫憲章の番組で「CHILDISH TONES 」という日本のバンドによるカバーがオンエアされてました。


<CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに「思い出のロックンロール」>




こんな曲があったことも、それを「ナウシカ」ガール、安田成美がカバーしていたことも知りませんでした。。。




以上、【今日の一曲】のコーナーでした!



スポンサーサイト



Posted on 2020/03/25 Wed. 19:08 [edit]

CM: 0
TB: 0

0311

【今日の一曲】「シェルブールの雨傘」 の主題歌  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです





今日はコレ↓↓↓
「シェルブールの雨傘」 の主題歌


”『シェルブールの雨傘』(Les Parapluies de Cherbourg 英題:The Umbrellas of Cherbourg)は1964年のフランス映画。ジャック・ドゥミ監督。ミシェル・ルグランが音楽を担当したミュージカル映画である。第17回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。全編音楽のみで地の台詞が一切ない完全なミュージカルであり、映画としては画期的な形式であった。ルグランによる音楽が大評判となり、特に主題曲は世界中で大ヒットした。のちに舞台化もされ、世界各国で上演されている。カトリーヌ・ドヌーヴの出世作となった作品だが、出演者は歌の素人のため、すべて歌手による吹き替えである。”


突然、毛色の違う曲ですが・・・先日オンエアのクレイジーケンバンドの番組で紹介されていて、久しぶりに聴きました。

曲は知っていたが、誰の何という曲なのか知らなかったのだが、「ミシェル・ルグラン」という作曲家による曲ということがわかった。

そのルグラン氏は、2019年1月26日にお亡くなりになっていたそうです。。。


しかし、いい曲だ。他にも探してみよう。。。





以上、【今日の一曲】のコーナーでした!


Posted on 2020/03/11 Wed. 19:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

0304

【今日の一曲】「ダンシング・クイーン」   


またまた大分ご無沙汰しておりましたぁ~~~




毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです



今日はコレ↓↓↓
「ダンシング・クイーン」 by ABBA


”「ダンシング・クイーン」(原題:Dancing Queen)は、スウェーデンのコーラス・グループ、ABBAが1976年にリリースしたシングル。ビルボード(Billboard)誌では、1977年4月9日に、週間ランキング1位を獲得。ビルボード誌1977年年間ランキングでは27位。 全英シングルチャートにおいては1976年9月4日〜10月9日にかけて6週連続1位に輝き、1976年間チャートでは4位にランクインしている。世界13か国で1位となり、全世界で300万枚、日本で50万枚を売り上げた。”


皆様よくご存知のABBAの代表的なヒット曲。

ABBAは個人的には好きなので、他にも好きな曲は沢山ありますが、なぜかこの曲はあまりに身有名なため、じっくりと聴くことが少ないです。。。

先日久しぶりにちゃんと聴いてみたら・・・・やっぱりいい曲ですね。



そして、この曲も思い出しちゃいました。。。


<Elvis Costello & The Attractions - Oliver's Army>


こちらもご存知、エルヴィス・コステロの数少ない?初期のヒット曲。1979年発表のサードアルバム『アームド・フォーセス』 (Armed Forces) に収録。

シングルカットされ、なんと40万枚も売り上げ、全英チャートでは2位にランクインしたそうです。

なぜこの曲を思い出したかというと・・・ピアノのフレーズが似てるんですよね。。。

というか、当時大ヒットしていた「ダンシング・クイーン」は、毎日ラジオなどでオンエアされてたことからウンザリして、あえて似たフレーズを使ったとか・・・

曲自体はすごくポップでヒットしたのも分かるのですが、詩の内容は結構ヘビーなんです。。。。



以上、【今日の一曲】のコーナーでした!


Posted on 2020/03/04 Wed. 19:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

1114

【今日の一曲】簡易版 The Clash「 London Calling」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!






すいません、多忙につきこのコーナーも簡易版で。。。


ちょど明日15日がリリース40周年目を迎えるこの名盤!




<The Clash - London Calling >


”ロンドン・コーリング (London Calling) は、イギリスのパンク・ロックバンド、「ザ・クラッシュ」の2枚組アルバム。イギリスでは1979年12月、アメリカでは1980年1月の第1週に発売された。タイトルチューンであるこの曲は、イギリスではアルバムからの唯一のリカット・シングルで、1979年12月に11位に到達した。”



そしてなんと!、明日11月15日がリリース40周年ということで、40周年記念盤のリリースと、ロンドン博物館にて『The Clash: London Calling』展が開催されるとのこと!


”ザ・クラッシュの『ロンドン・コーリング』リリース40周年を記念して、11月15日に『ロンドン・コーリング40周年記念盤 - Scrapbook』がリリースされることが決定した。また、11月15日からロンドン博物館(Museum of London)にて『The Clash: London Calling』展が開催されることも決定した。”

詳細はこちらから↓↓↓
https://rockinon.com/news/detail/188695






以上、【今日の一曲】のコーナーでした!

Posted on 2019/11/14 Thu. 19:46 [edit]

CM: 0
TB: 0

1009

【今日の一曲】簡易版 Joni Mitchell 「Woodstock」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!






すいません、多忙につきこのコーナーも簡易版で。。。


CSN&Yのバージョンで有名な曲ですが、オリジナルはこの人の曲だったんですね。。。




<Joni Mitchell 「Woodstock」>


”「ウッドストック」(Woodstock)」 は、ジョニ・ミッチェルが作詞作曲した、ウッドストック・フェスティバルについての楽曲。1970年4月にリリースされたが、レコードとしてはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのバージョンがひと月先にリリースされた。”






以上、【今日の一曲】のコーナーでした!


Posted on 2019/10/09 Wed. 19:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top