【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0411

【今日の一曲】「うわさのカム・トゥ・ハワイ」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!




昨日の「スネークマン・ショー」繋がり・・・という訳ではないのですが・・・久し振りに聴きました・・・この曲!


<小林克也 & ザ・ナンバーワン・バンド – うわさのカム・トゥ・ハワイ>



ご存じ小林克也が1982年に結成した中年バンド「小林克也 & ザ・ナンバーワン・バンド」のファーストアルバム『もも』に収録。ハワイ移民の広島弁をフィーチャーしたデビュー曲で、日本語ラップのはしりとして一部に評価が高い、らしい。



ゲスト参加が豪華で・・・

小林克也(vo)、桑田佳祐(vo, g)、世良公則(g)、野沢秀行(perc)、村上"ポンタ"秀一(ds, vo)、そうる透(ds)、佐藤輝夫(g, vo)、鈴木慶一(g)、白井良明(g)、深町栄(key)、成田昭彦(ds, perc)、小室邦雄(b)、小林泉美(key)、鈴木雅之(vo)、Gregg Lee(b)、森村献(key)ほか

・・・と、錚々たるメンツ。



なんと、25年ぶりに新作を出したそうだ!

”小林克也が結成したザ・ナンバーワン・バンドが、3月21日にニューアルバム『鯛 ~最後の晩餐~』をリリースする。”
http://realsound.jp/2018/01/post-153480.html



以上、【今日の一曲】のコーナーでした!







スポンサーサイト

Posted on 2018/04/11 Wed. 18:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

0328

【今日の一曲】「Space Oddity」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!




久し振りに聴きました・・・この曲!




<David Bowie – Space Oddity>



ご存じ「デヴィッド・ボウイ(David Bowie)」が1969年に発表した第2作アルバム「スペイス・オディティ」に収録された曲。
※ちなみに発売当時は、英国盤は『David Bowie』、米国盤は『Man of Words, Man of Music』との題名だったが、1972年に再発された時に改題され、ジャケットや収録曲も一部変更になったらしい。

丁度その頃にアメリカのアポロ計画が世人の話題を集めていたこともあり、シングルとして発表。その後、BBCのアポロ月面着陸の特番などでテーマ曲代わりに頻繁に流され、イギリスのチャートでは5位まで上がるヒットを記録。

「Oddity」とは”風変わり(なこと)、変人、奇人”という意味で、これも当時人気のあったスタンリー・キューブリックの映画「2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)」に引っ掛けた名前だそうだ。




・・・しかし、つい最近までこの曲は「Space Odyssey」だと思ってたよ。。。。






以上、【今日の一曲】のコーナーでした!





Posted on 2018/03/28 Wed. 18:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0307

【今日の一曲】「Time Is On My Side」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!




今日は、ストーンズのバージョンで有名なこの曲!




<KAI WINDING - TIME IS ON MY SIDE- VERSION ORIGINAL-1963>


”「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」 (Time Is on My Side) は、ジェリー・ラゴヴォイが「ノーマン・ミード」 (Norman Meade) の変名を用い作曲した楽曲。オリジナルは、アメリカのジャズ・トロンボーン奏者のカイ・ウィンディングが1963年に発表したインスト曲。


オリジナルでは歌詞はサビの部分しかなく、それ以外はトロンボーンがメロディを吹くというスタイルだったが、1964年6月、ジミー・ノーマンがこのインスト曲に新たに詩を付け、女性シンガー、アーマ・トーマスによって歌われた。


<Irma Thomas - Time Is On My Side>




アーマ・トーマスによるカバーは特にヒットしなかったが、当時全米ツアーでロサンゼルスを訪れていたストーンズが興味を持ち、帰国後、早速録音。同年9月26日、アメリカでシングルA面曲として発表し、ビルボードHot 100の6位を記録した。

<The Rolling Stones - Time Is On My Side (Organ Version)>


ちなみにシングルカットされたバージョンでは、オルガンのイントロから始まるが、ベストなどに収録されている一般的に聴くバージョンでは、ギターイントロである。




ストーンズのオリジナルだと思ってたが、違ってたのね。。。





以上、【今日の一曲】のコーナーでした!






Posted on 2018/03/07 Wed. 12:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

0223

【今日の一曲】「Johnny Come Home」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!




先日、ピーター・バラカンのラジオ番組で80年代特集をやっており、そこで久し振りに聴いたこの曲!




<Fine Young Cannibals - Johnny Come Home>


ご存じない方も多いと思うので、簡単に解説を・・・
”ファイン・ヤング・カニバルズ(Fine Young Cannibals)は、イギリス・バーミンガム出身の3人組ポップス・バンド。前身である「ザ・ビート」が1983年に解散。メンバーであったアンディ・コックス(ギター)とデイヴィッド・スティール(ベース)は、新たにローランド・ギフトという無名のボーカリストを加え、1985年にファイン・ヤング・カニバルズを結成。1989年に「She Drives Me Crazy」と「Good Thing」の2曲が全米シングルチャートの1位を記録。「She Drives Me Crazy」は日本では1991年~1993年にジョディ・フォスターが出演したHONDA・EG型シビックフェリオのCM曲として起用された。”


日本ではこのCMで流れてましたね。

<ホンダシビックフェリオCM>



原曲のMVはコチラ。

<Fine Young Cannibals - She Drives Me Crazy (Official Video)>



何故今、80年代の特集かと言うと、実は2/13から3/2までに期間限定で、NHK BSプレミアムで1時間の洋楽番組「MUST BE UKTV」が放送されており、その告知も兼ねたもの。
http://www4.nhk.or.jp/P4772/

バラカン氏曰く、70〜80年代にイギリスの民放TVで放送されていた音楽番組から、一流アーティストの貴重なパフォーマンス映像をセレクト、1時間番組として編集したものなんだそうだ。

その事を知ったのは、2,3日前だったので、前半のコステロ、アズカメ、ジャム、トイドールズ等、ニューウェーブ、パンク系の放送を見逃してしまった。。。。_| ̄|○

バラカン氏によると、NHKはこの番組の放送権利を10年持っているらしいので、再放送は期待できる。。。とのこと。その言葉、信じてもイイよね??







以上、【今日の一曲】のコーナーでした!


Posted on 2018/02/23 Fri. 12:43 [edit]

CM: 0
TB: 0

0126

【今日の一曲】「(Sittin' On) The Dock Of The Bay」  


毎度おなじみ、【今日の一曲】のコーナーです!




リリースされて今年で50年になる、偉大なるソウルシンガーのこの曲!




<Otis Redding - (Sittin' On) The Dock Of The Bay>


ご存じ「オーティス・レディング(Otis Redding)」が1968年1月8日にリリースした代表曲。作詞・作曲は、オーティスと「ブッカー・T&ザ・MG's」や「ブルース・ブラザーズ・バンド」でお馴染み、”テレキャス使い”「スティーヴ・クロッパー」

モンタレーでのライブを成功させ、プロモーターのビル・グレアム所有のボートハウスに滞在していた時にこの曲のアイデアが思い浮かんだそうだ。

当時リリースされたビートルズの「サージェント・ペッパーズ~」に触発され、”今までの自分にない違う音楽を・・・”と思い作り上げたこの曲は、今までのオーティスの楽曲の雰囲気とはかなり違ったものとなり、周囲は戸惑ったらしい。

この曲が録音されたのが1967年12月6日と7日、しかしその3日後の12月10日、オーティスの自家用飛行機が墜落、オーティスと、バックバンドのメンバー、スタッフ、パイロットの4人が死亡してしまったのだ。オーティスはこの時まだ26歳・・・あまりにも早すぎる死だった。。。

そして1968年の発売前に、楽曲を聴いたアトランティック・レコードのジェリー・ウェクスラーは、リミックスするように指示したらしいが、スティーヴ・クロッパーはリミックスせずそのまま送り返し、結局発売されたバージョンはリミックスをかけないものだったそうだ。

オーティスの不慮の死ということもあり、ビルボード・チャート1位、年間ランキングでは6位と、オーティス最大のヒット曲となった


ちなみに最後に入る口笛は、諸説あるが、スティーヴ・クロッパー曰く、オーティス本人のものとのこと。







以上、【今日の一曲】のコーナーでした!




Posted on 2018/01/26 Fri. 18:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top