【tera045の音楽&サブカル備忘録】

「tera045」が関わった音楽&サブカル(TVマンガ、特撮など)に関する興味、関心、活動などを記録していくブログです。

0927

他人の空似?コーナー その16  


誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに似ている~「他人の空似コーナー」がやって参りました。




今回もパクリ・・・という訳ではないと思いますが・・・雰囲気が似たこの曲とこの曲です。。。




Calvin Harris「Feels」
 vs 富士フイルム「企業広告CMソング」



・・・まずは聴いてみましょう。。。


<Calvin Harris - Feels (Official Video) ft. Pharrell Williams, Katy Perry, Big Sean>


<企業広告 TVCM「インフルエンザ検査技術」篇/富士フイルム>



”♪甘い!”で有名な(笑)、超大物DJプロデューサー「カルヴィン・ハリス(Calvin Harris)」の最新ヒット曲「Feels」。なんと、ファレル・ウィリアムス、ケイティーペリー、大御所ラッパー、Big Seanを交えた豪華な客演!


対するは日本の企業「富士フイルム」の企業広告に使われたオリジナルCMソング。作曲したのは、NYの「Q Department」なるクリエーター集団。最先端の音楽制作・サウンドデザインでCM・テレビ番組・インタラクティブ・ゲームなどで幅広く活躍しているらしい。


一方は最新ヒット曲、もう一方は、2009年ぐらいに作曲された企業CMソング。全く接点が見られない2つの曲だが、いわゆるレゲエ・ダブっぽいバックビートに、ギターの合いの手が入るというサウンドには似たものを感じる・・・




もうひとつ思い出したが、懐かしき一発屋?「Ace of Base」の一連の楽曲も同じようなビートだ。。。

<Ace of Base - All That She Wants (Official Music Video)>




レゲエとテクノ・EDMなどのエレクトロポップを組み合わせると、似てきちゃうのかね?



しかし、以前この記事でも書いたが、楽曲の良さ「以外」のところで、私の興味を引く「カルヴィン・ハリス」って一体・・・??

まあこれも曲はいいんだけどね・・・



次のシングルでは、純粋に曲の良さで、私の興味を引いてほしいものだ。。。







スポンサーサイト

Posted on 2017/09/27 Wed. 19:08 [edit]

CM: 0
TB: 0

0920

他人の空似?コーナー その15  


誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに似ている~「他人の空似コーナー」がやって参りました。




今回はパクリではなく、同じ曲(提供した曲とセルフカバー)なんですが、メロディー、フレーズは同じなのに、歌詞や雰囲気がまるで違うこの曲とこの曲!




ユニコーン「ボサノバ父さん」
 vs 中山忍「光のオペラ」



・・・まずは聴いてみましょう。。。


<ユニコーン「ボサノバ父さん」>


<中山忍 光のオペラ>


最近(といっても大分経つが・・)再結成した奥田民生率いる「ユニコーン」の5枚目にあたるミニアルバム「おどる亀ヤプシ」に収録された曲。

実は、ユニコーンの曲の中で、結構好きな曲なんですが、この曲が、あのアイドル”ミポリン”こと中山美穂の妹、「中山忍」に提供した「光のオペラ」という曲が元だということを初めて知りました!

聴いてもらえばわかりますが、メロディー、フレーズは全く一緒!しかし、歌詞は全く違う!リズムパターンもアイドル向けなのでいわゆるJ-POP調だ。

「光のオペラ」のリリースは1990年。「おどる亀ヤプシ」は1990年11月1日発売なので、「光のオペラ」の方が先に世に出たんでしょうね。。。

「ボサノバ父さん」はボサノバ調の曲に、民生の声を張らないボーカルで、年頃の娘を静かに眺める父の歌なのであるが、「光のオペラ」はアイドルですから、夢見る女の子に気持ちを歌った歌詞とキラキラアレンジ。。。全く次元が違う(笑)。

そして決定的なのは・・・中山忍の歌唱力・・・音程が合ってない、高音が出ない・・・YouTubeで”浅田美代子「赤い風船」の再来”と揶揄されるのもわかります(笑)。。。



・・・曲はいいんだけどね~・・・







以上、「他人の空似コーナー」でした!




Posted on 2017/09/20 Wed. 18:33 [edit]

CM: 0
TB: 0

0906

他人の空似?コーナー その14  


誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに似ている~「他人の空似コーナー」がやって参りました。




またまた久し振りのこのコーナー・・・




今回は・・・まあ、パクリではないですが、ファンキーなリズムが似ているこの曲とこの曲。



山下達郎「Bomber」
 vs 佐藤彰信「オリコカードTVCMソング」



まずは聴いてみましょう!


<BOMBER/山下達郎 Live Ver>



<【長瀬智也出演】オリコカードTVCM「コンビニ篇」(30秒)>


「BOMBER」はご存じ、山下達郎の代表作。1978年12月20日に発売された3作目のスタジオ・アルバム「GO AHEAD!」に収録されている、達郎にしては珍しいファンク・ナンバー。

調べてみて初めて知ったが、このアルバムを出すまでは、レコードセールス的に苦しんでおり、「これが最後になるかもしれない」と思い、自らの広範な音楽指向を縛ることなく書きたい曲を書き、録音しよう、と作られたそうだ。


対する「オリコカードTVCMソング」ですが、「佐藤彰信」という作曲家が作った曲らしい。
ボストン大学音楽科、バークリー音楽院作曲科、 音響科を卒業したという華々しい経歴の持ち主。
他にも「ハーゲンダッツ」とか「ドモホルンリンクル」、「月桂冠 月」など数々のCMソングを作曲しているらしい。


こっちはインストで、特にメロディーがないので比較できないが・・・まあ、ファンキーなチョッパー(今はスラップというらしいが・・・)ベースが似てるんですかね・・・





以上、「他人の空似コーナー」でした!





Posted on 2017/09/06 Wed. 19:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

0503

他人の空似?コーナー その13  


誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに似ている~「他人の空似コーナー」がやって参りました。




ピーター・バラカンのラジオでは、最近でも「チャック・ベリー追悼」ということで、毎週彼の曲やカバーバージョンをオンエアしてます。


そんな中、知った事実。


またまたなんとあのバンドのあの曲が、チャック・ベリーのこの曲に似ているというのだ!




The Beach Boys「Surfin' USA」
 vs Chuck Berry「Sweet Little Sixteen」





1963年にリリースされた「サーフィン・U.S.A.」はご存じの通り、初期のビーチボーイズの代表曲かつ最初のブレーク曲。

一方の「スウィート・リトル・シックスティーン」は1958年リリース。


ブライアン・ウィルソンは、チャック・ベリーから盗作だと告訴され、結局「共作」という形で和解したらしい。作曲クレジットも連名になっている。

なので現在では「サーフィン・U.S.A.」は「スウィート・リトル・シックスティーン」の改作という扱いになっている。




何はともあれ、聴き比べて・・・と思ったら、どこかの誰かさんが2曲をまとめた動画をアップしていた(笑)。ご苦労様です・・・m(__)m。


<Surfin' Little Sixteen - Chuck Berry feat. The Beach Boys>





・・・悪意は無い?と思うが、こうやって露骨に比較すると・・・似てますね(笑)。

でも、ロックンロールって、基本3コードだから、どうやっても似てきちゃうと思うが・・・・





ちなみに私は、ラジオでこの事を聴くまで、似てると思わなかった・・・どっちも良く知ってる曲なのに・・・













以上、「他人の空似コーナー」でした!




Posted on 2017/05/03 Wed. 18:46 [edit]

CM: 0
TB: 0

0416

他人の空似?コーナー その12  


誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに似ている~「他人の空似コーナー」がやって参りました。




先日のピーター・バラカンのラジオで「チャック・ベリー追悼企画」をオンエアしており、そこで知った事実。


なんとあのバンドのあの曲が、チャック・ベリーのこの曲に似ているというのだ!




The Beatles「Come Together」
 vs Chuck Berry「You Can't Catch Me」




チャック・ベリーがビートルズを訴えた訳ではなく、チャック・ベリーの楽曲の出版権者である「モリス・レヴィ」という男(米音楽業界のマフィア的な存在だったらしい)が、「カム・トゥゲザー」はチャックの「ユー・キャント・キャッチ・ミー」の盗作だと主張したことが由来。

告訴しない条件として、モリスが出版権を持つ「エンジェル・ベイビー」「ヤ・ヤ」「ユー・キャント・キャッチ・ミー」をカバーしレコーディングすることをジョンに要求した。

そのことでリリースされたのが実は、ジョンが1975年に出した名作アルバム「ロックン・ロール」であったのだ。

つまり「ロックン・ロール」はジョンが出したくて出したアルバムではなかったのだ。




何はともあれ、聴き比べてみましょう!


<Chuck Berry "You Can't Catch Me">



<Come Together - John Lennon/The Beatles (Live In New York City)>

※ビートルズバージョンはYoutubeに上がってないので、ジョンのライブ映像より。



・・・まあ、似てるといえば似てるぐらいの印象だな。。。




むしろアルバム「ロックン・ロール」に収録されている「ユー・キャント・キャッチ・ミー」の方が「カム・トゥゲザー」に似ている。。。

<John Lennon - You Can't Catch Me>


まあこれは多分、ジョンが意図的に似せたんだと思うが・・・(笑)。





アルバム「ロックン・ロール」は、ジョンが影響を受けたロックンロールの名曲へのリスペクトとして作られたと思っていたのだが・・・実は仕方なくだったんだね。

でも、このアルバムから「スタンド・バイ・ミー」とか「エイント・ザット・ア・シェイム」とか、原曲を超えた(と少なくとも私は思っている)ヒットが生まれたんだからね・・・





以上、「他人の空似コーナー」でした!







Posted on 2017/04/16 Sun. 22:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも一覧

▲Page top